top_line

通い慣れた本屋にいた1匹の猫…お店にいた猫と顧客の心温まる物語が共有される

カラパイア

cat-1649955_640_e
mariavp/pixabay

 世界には、看板犬や看板猫がいるレストラン花屋などが存在し、彼らにまつわる様々なストーリーがニュースやSNS上で伝えられることも少なくない。

 海外掲示板Redditに投稿されたある本屋の猫の話が話題になっているようだ。

 今から30年ほど前の経験を綴っている投稿者に対して、猫好きとみられるユーザーらは彼らがそれぞれ過去に経験した「看板猫」の思い出をシェアしている。

小さな本屋にいた猫との思い出


 Reddit投稿者によると、彼がその昔よく通っていた小さな本屋には、1匹の猫がいたそうだ。

今から30年ほど前、私が大学院生だった頃によく通っていた古本と楽器を売っている小さな店に、大きくてフワフワした猫がいたんだ。

そのオス猫は、結構誰にでもフレンドリーで、大抵はカウンターに座ってお客によく撫でられていたよ。

 その猫は、なぜか投稿者を気に入り、彼が初めて店に入った時には本棚の上部に飛び乗って彼に近寄ってきたかと思うと、背中に飛び移って肩に乗って来たという。

 そしていつもその男性が店に来ると、店を出るまで猫は肩に乗って過ごし、彼が帰る頃になると肩から降りていつものようにカウンターに戻って座るという繰り返しをしていた。店の経営者の話では、猫は他の客にはそのように懐く態度は見せなかったということだ。

 やがて数年後に大学院を追い出されてしまった男性はその土地を離れたが、1,2年経った頃、再び戻ってきた。まだその土地で住んでいた友人らに会うためだった。

 その時、懐かしい本屋に立ち寄ると何も変わっていなかったが、店の猫はあれから数年後に亡くなってしまったことを知った。

私が知っていた時には、猫は既に年老いていたので、亡くなったことを聞いても驚かなかったよ。

でも、その翌日多くの大学生が本屋の外でキャンドルを灯して猫のための通夜をしたそうなんだ。学校新聞にも、その猫の死亡記事を掲載して追悼されたようだ。

良い本屋とは、単にいい本を売っているだけじゃないと思う。世界にはもっと多くの“店猫”が必要だよ。

cute-3269715_640_e
Dyadya_Lyosha/pixabay

猫がいた店の思い出話でユーザーら盛り上がる


 このRedditの投稿を見たユーザーらは、自身が過去に経験した猫との出来事を思い出したようで、それぞれ懐かしみながらコメントを寄せた。

・私の場合は、20年ほど前によく行っていた本屋があるんだけど、そこにも猫がいたわ。時々、本の山に囲まれて眠る猫を見かけた時には少し撫でたりはしていたけど、猫は私には無関心の様子だった。

だけど、ある日その猫が自分のところへやって来て、気を引こうとしていることに気付いたの。撫でてやると、店の通路をついてきたわ。でもすぐに、猫が自分についてきてほしいってことがわかって、カーテンが敷かれているバックヤードまで導かれた時、カーテンの隙間からそっと見てみたら、餌用のボウルがあって空っぽだったんだよね。

その猫は、そうやって私に「餌がない」ってことを知らせる前に他の誰か10人ぐらいに同じことをしてきたのかもしれないけど、その時猫好きの自分としては、なんだか光栄な気分プラスいいように使われた気持ちになったよ。

猫が私を認めて、私が猫の言葉を理解するってことを知っていたからかもしれない。その後、もちろん店のスタッフに餌が空っぽだってことを伝えたわよ。

animal-339400_640_e
wilkernet/pixabay

・自分は子供の頃、母に連れられて地元の靴店に行ったことがあるんだけど、そこに最高にクールな猫がいたんだ。その猫は、いつもカウンターに置いてあるベッドで寛いでいたよ。

店のオーナーで猫の飼い主がストラップ付きの小さなサングラスを持っててね、猫にかけてもいいよって言ってくれて。当時8歳の自分にとって、それは最高の出来事だったよ。今、自分が大の猫好きなのは、その店の猫がきっかけだよ。もちろん、猫が大好きになったことを後悔なんてしてないさ。

・昔、おもちゃ屋にいた子猫に、よく会いに行っていたのを思い出した。

・私と友人がよく通りかかる本屋には、とっても年老いた不機嫌なメス猫がいるの。でもとっても可愛くて、私たちはいつも前を通り過ぎる時、その猫がいないか確認してしまうの。

店にいる時、その猫はカウンターの上の小さな段ボール箱の中に入って昼寝をしていて、そっと撫でて目覚めた時には、鳴いて怒るんだけど、またすぐ落ち着くの。撫でてもらうのは嫌いではないみたい。

head-4344542_640_e
Ihtar/pixabay

・投稿主さんは、きっと母猫の匂いがしたんじゃないかな。

・図書館にも猫がいたらなぁ。

・ニューヨークには、猫がいる店は結構あるよ。

・投稿主が猫を飼っているのかどうかはわからないけど、時に猫は人間よりもよくボディー・ランゲージを理解するよ。

きっとその猫は、投稿主を見てネガティブな反応が返ってこなかったから、信頼できると思って認めたんだろうね。だからアプローチしてきたと思う。猫は人を判断する能力には優れているから。だから猫と仲良くできない人間は信用しない方がいいよ。

cat-4546844_640_e
LuidmilaKot/pixabay

・本屋に猫がいるのは、イギリスでは伝統的だって聞いたな。紙を齧って本を台無しにするネズミを捕まえるためにね。私の住んでいる地域には、古本屋が立ち並んでいるけど、どの店にも猫がいるよ。

・小さな本屋のオーナーになって、1~2匹の猫を店で飼うなんて、夢のような仕事だ。
→・3匹でもいい。
 →・ネットやebooksの時代になっても、こういう小さな本屋は味があっていいよね。大抵は、店主も本への情熱をすごく持っている良い人だったりするからね。

・キャットフレンドリーな本屋なら、是非行ってみたいな。

cat_e
image credit:Reddit

猫を撫でながらまったりと本が読める本屋


 猫が店の中にいる店は、レストランや花屋、雑貨店など本屋以外にも存在する。ちなみに、カナダのバークレーには、猫好きな人にはもってこいの素敵な本屋がある。


 2018年8月にオープンしたその店は、猫を撫でながら読書ができる本屋『Sleepy Cat Books』では、数匹のフレンドリーな猫が読書好きのお客を迎えてくれる。


 投稿者がRedditに投稿している写真もこの店のものだ。もしかしたら、この本屋のことを知って懐かしい思い出が蘇ったのかもしれない。

References:Redditなど / written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング

ジャンル