top_line

次も誘うね♡「デートするのが楽しみになる」女子の特徴

愛カツ

可愛い子や好きな子とのデートは、男性からしても楽しみなものです。

ただそんな相手でも、なにかをきっかけに「次のデートは別にいいや」と思われてしまうことも……。

一方で、男性がはじめは乗り気でもなかったのに、「次も会いたい!」と感じる女子たちもいます。

「次のデートが楽しみになる」女子とは、いったいどんな女子なのでしょうか?

自分の話もする

「何でも僕の話を「うん、うん」って聞くだけの子よりは、自分のことを話してくれる子のほうが一緒にいて楽しいな。デートは、男もその子に興味があってしていることだから、お互いにいろんな話ができるほうがいいよね。グチや悪口じゃなく、明るい話が聞きたいです」(30歳・男性)

「聞き上手な女子がモテる」「相槌をうまく打って、彼に話させるのがいい」

そんな説、聞いたことあると思います。そのせいか、デートでも聞き役に回りがちな女子も多いのではないでしょうか?

とはいえ、会社の飲み会で上司に接するような、表面的な受け答えは不評。

男性としても「彼女の内面を知れた」手ごたえが大事だといいます。彼の話を聞いたら、自分の話も織り交ぜて。

ごはんをおいしそうに食べる

「ごはんをおいしく食べてくれる子がいいです!そういう男も多いと思うよ。単にパクパクよく食べるのもいいけど、『おいしい!』『初めて食べた!』なんて感想を言ってくれるともっと嬉しい」(29歳・男性)

ごはんデートに連れてきてよかった!と思う女子と言えば「おいしそうに食べる子」。

食に興味のない男性もたまにいますが、ファミレスなどを提案してこない限りは「おいしく食べる女子が好き」という場合が多いです。

「大食いと思われたくない」なんて気持ちは封印して、食べることを素直に楽しんで。

ポジティブでおおらか

「グチや悪口を言わない子は、一緒にいても気分がいいよね。友達の悪口は言わなくても、ちょっとしたアクシデントや店員さんの態度にブツブツ言う女子は意外と多いから。僕が道を間違えて案内しちゃったときに『お散歩もいいじゃん』ってニコニコ受け流してくれた子がいたけど、ありがたいと思ったし、一日を通じて一緒にいて嫌な気分になることがなかった。根が優しいんだね」(32歳・男性)

基本的なことですが、デートの時間をいい気分で過ごせるっていいものです。デートをリードする男性も、緊張することもあればミスもします。

「疲れちゃった」「おなかすいた」などのストレートな意見も、伝え方によっては男性が「俺のせいか?」と気に病んでしまうことも。

できるだけポジティブな言い方を選び、アクシデントにも寛容でありたいもの。

好意を感じる

「その子に落ち度があるとかないとかじゃなくて、単純に僕に気がなさそうな子は次も誘おうって思えない。僕のこと好きなの?って感じると、『また誘っていいんだ!』と安心できますね」(26歳・男性)

デートに誘われない原因が「彼に好かれていないから」と思っている女子も多いですが、男性によると「好かれてないのに何度も誘えない」のだそう。

押されるの待ちの女子が多い中、好きな気持ちを丸出しにしてくれる女子はひそかな人気。

言葉ではっきり言いさえしなければ「好きです」「だから好きになってイイよ」というサインは出したほうが、楽しい展開が待っているはず。

二人で楽しむ気持ちを持って

おとなしく相槌を打っているばかりの女子は、嫌われないけど好かれもしません。

彼が一方的にもてなしてくれることを待たず、自分の気持ちもうまく出せる女子が「また誘いたい」と思われているといえそうです。

「二人で楽しむ」つもりでデートに臨んでみてください!

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)

TOPICS

ランキング(恋愛)

ジャンル