top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

明石家さんま×中尾明慶が対談 さんまの命を中尾が狙う!? 抱腹絶倒の時代劇『七転抜刀!戸塚宿』はどんな作品になるのか

SPICE

明石家さんま×中尾明慶が対談 さんまの命を中尾が狙う!? 抱腹絶倒の時代劇『七転抜刀!戸塚宿』はどんな作品になるのか


2000年初演の『七人ぐらいの兵士』以降、数年ごとに演劇作品にも取り組んできた明石家さんま。2015年に再演された『七人ぐらいの兵士』以来およそ5年ぶりの舞台『七転抜刀!戸塚宿』は、脚本を福原充則、演出を水田伸生が担当。幕末から明治へと移り変わる時代を背景に、藩士の仇討ちを軸にしたアツイ人間模様が繰り広げられる、さんまにとっては舞台では初の時代劇となる。共演には、『PRESS~プレス~』(2012年)、『七人ぐらいの兵士』(再演)に続き3回目の参加となる中尾明慶のほか、山西惇、温水洋一、八十田勇一、佐藤仁美らが顔を揃える。ポスターやチラシ用のビジュアル撮影が行われていたこの取材時、ちょうど脚本の第1稿があがってきたばかりだということだったが、果たしてどんな作品になりそうか、さんまと中尾に話を聞いた。

ーーさんまさんは今回、時代劇になるとは思っていなかったとか?

さんま:5年くらい前に水田監督にアイデアを聞いた時には「次はイヌイットの話です」って言ってたんですよ。雪国で陽気に過ごすおっさんの姿を描きたい、とか言うて。そうしたら突然、時代劇になってたんです。監督は結構いつも、僕を不似合いなところへ行かしたがるんですよね。


明石家さんま



ーー中尾さんは今回の出演の話を聞いて、いかがでしたか。

広告の後にも続きます

中尾:既に何度かこのみなさんで、お芝居をやらせていただいているので。僕としては「やったあ、また集まれるんだ!」と、うれしく思いました。

ーー昨日できたという、台本の感想はどうでしたか。

さんま:いや、僕は昨日、マージャンだったんですよ。

ーー読んでいないんですか?(笑)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル