top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

ロバーツが三冠王に驀進中/週ベ回顧

週刊ベースボールONLINE

 昨年、創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。現在、(平日だけ)1日に1冊ずつバックナンバーを紹介する連載を進行中。いつまで続くかは担当者の健康と気力、さらには読者の皆さんの反応次第。できれば末永くお付き合いいただきたい。

スタルヒン2世登場



表紙は左から巨人・高橋一三、堀内恒夫


 今回は『1969年9月1日号』。定価は70円。

 8月12日、巨人・王貞治が打撃三冠でトップに立ったが、そのわずか2日後、3つとも抜き去ったのが、アトムズのロバーツ。さすがにセの投手も警戒し、内角攻めが増えてきたが、
「どんなボールを投げられても仕方がない。でもいい調子だからドンドン打てる」
 と笑顔で語っていた。

 かつて阪急・スペンサーがホームラン王にひた走った際、パの投手たちが一斉に敬遠攻めに出たが、これは日ごろからラフプレーが目立ち、嫌われていたこともある。
 対してロバーツは明るく、マジメ。キング牧師が暗殺された際は、打ちしおれて「試合に出たくない」と言っていた繊細な男でもあった。

 このロバーツと入団したばかりのチャンスの小話。
 遠征に出発する際、東京駅でチャンスがロバーツをお茶に誘った。
「もう列車が出発の時間だよ」
 というロバーツに、
 チャンスは、
「どうせ、列車なんてものは時間表通りに発車するわけがない。クソ暑い中、待っているなんてバカバカしいよ」
 と答えた。
 そこからロバーツが必死に「日本の列車は時間通りに発着するから急ごう」と説得。実際、定刻数分前に「ひかり号」が姿を現すと、チャンスは本気でびっくりしていた。

 夏の甲子園真っ只中。青森・三沢高の太田幸司が「スタルヒン2世」と話題になっていた。ロシア人の血を引く甘いマスクで女性ファンが急増。1日のファンレターは100通以上という。
 人気だけではない。速球を主体の本格派でプロのスカウトから注目されていた。

「村山さん(実。阪神)のようにダイナミックに、決して逃げたりせず、堂々と真っ正面から勝負する、そういう投手になりたい」

 では、また月曜に。

<次回に続く>

写真=BBM

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル