top_line

アジアウィンターリーグに挑むJABA選抜チーム・石井章夫監督が期待する選手とは?/JABA公式サポ・田中優美の熱視線!

週刊ベースボールONLINE

重要なのは投手力



JABA選抜チーム・石井章夫監督

 いよいよ明日からアジアウィンターリーグが開幕します!

 昨日の記事で、社会人野球代表監督を務める石井章夫監督の紹介と、今大会への思いをご紹介しました。今回は大会で活躍が期待される選手をご紹介したいと思います。

 選手の選考は、監督一人で決めているのではなく、各地区の競技力向上委員会委員からのレポートも参考にして決めているそうです。

「まずは投手力が重要になる」と話す石井監督。その重要な投手の選出の決め手を「球のスピードがないと国際大会は厳しいので、ストレートに力のある投手を集めました」と語り、より注目している選手として名前を挙げたのは、日本製紙石巻・宮内春輝投手とトヨタ自動車・栗林良吏投手のルーキーピッチャー2人でした。

 宮内投手は明星大から日本製紙石巻へ入社し、1年目で公式戦に出場、今年10月に行われたBFAアジア選手権で社会人野球日本代表候補に選ばれるほど、将来を期待される投手です。石井監督も「球が速くて変則モーションのピッチャー。期待しています」と評価しました。

 栗林投手は名城大時代にも大学日本代表に選ばれており、卒業後は名門のトヨタ自動車へ入社。入社後もルーキーながら都市対抗野球と日本選手権の2大大会での登板を果たしました。石井監督は「大きい舞台で活躍できるのかのバロメーターを見られる登竜門のような大会」と語る今大会で、来年のドラフト候補と言われている栗林投手がプロ相手にどのような戦いを見せてくれるのか、とても楽しみです。

 野手の選出については「バットをしっかりと振り切れて、長打力の期待できる選手を選んでいます。今年の侍ジャパンの際もこの考え方に基づいて選出しましたが、実際に結果を出してくれました。海外のように、一発があるかもしれない、という怖さがあるチームにしていきたい」と目指すチーム像を語ります。

 特に二遊間では、早いうちから芽の出た選手はプロに行ってしまう選手が多いため、若くて才能のある二遊間は貴重な存在だと話します。「去年は小深田(大翔)選手がすでに選手として完成されていて、活躍もしてくれたけど、やっぱりプロに行ってしまった(楽天ドラフト1位)。次の小深田を探せ、ですね。みんな期待しているけど、トヨタ自動の望月直也選手が楽しみ」と教えてくださいました。

 今回ご紹介できなかった選手も、みなさんチームの主軸となる人ばかり。どのようなプレーを見せてくれるのか楽しみです。

公式サポーター日本野球連盟YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC26D0n0-QuxyIghG0WqbN0A

PROFILE

左から豊島わかなさん、田中優美さん、若菜奈津美さん/写真=BBM

とよしま・わかな●1986年12月14日生まれ。愛知県出身。ニックネームは「豊ちゃん、わかちゃん」。趣味は昼寝、特技は書道。

たなか・ゆみ●1992年5月21日生まれ。神奈川県出身。ニックネームは「ゆーみん」。趣味は動物とたわむれる、特技は脚が柔らかいこと。

わかな・なつみ●1990年10月24日生まれ。神奈川県出身。ニックネームは「なっちゃん」。趣味も特技もダンス。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル