top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

バチェラー並み!? 「普通の人」と結婚する難易度

マイナビウーマン

巷の婚活女性たちに話を聞くと、「普通の人」と結婚したい。

別に高望みなんてしていないのに、「普通の人」に全然出会えない……。

という嘆きの声をよく聞きます。

今回は婚活女性たちが言う「普通の人」とはどんな人なのか? なぜ「普通の人」がいないのか? 「普通の人」という発想でいいのか? など。

婚活界にはびこる「普通の人がいない」現象についてぶった斬っていきたいと思います。

広告の後にも続きます

■まともな女性ほど、「普通の人」と結婚したがる

「三高(高学歴、高収入、高身長)」なんて男選びが流行ったのもだいぶ昔の話。

バブル時代ならいざ知らず、イマドキの若い女性たちはそんなものは求めておりません。

最近の主流は「三平(平均的な年収、平凡な容姿、平穏な性格)」や「四低(低姿勢、低依存、低リスク、低燃費)」です。

高収入でも激務で家庭をかえりみる余力がない男性よりも、出世なんてしなくてもいいから家庭的な男性がいいとか。夫婦喧嘩は最小限に抑えたいから、穏やかな性格の人がいいとか。オレ様なイケメンよりも、謙虚で低姿勢なフツメンがいい、など。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル