top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「あれは、殺人ではなかったのか」そして、ついに最初の犠牲者が…藤原竜也主演『リバース』第3話レビュー

music.jp|テレビ・映画

「あれは、殺人ではなかったのか」そして、ついに最初の犠牲者が…藤原竜也主演『リバース』第3話レビュー(C)music.jp|テレビ・映画 ミステリー度アップ! 藤原竜也主演、TBS系列ドラマ「リバース」。4月28日(金)に放送された第3話は、あっちこっち怖い起爆剤。

こちらも怖いの

さて、絶賛仲良しダブル不倫中の村井と沼淵ことは(篠原ゆき子)。沼淵は夫のDVを受けているし、村井は妻・香織(趣里)の恐ろしいまでの家事ボイコットに遭っている。
帰ってこない夫をゴミ屋敷の中(文字通りゴミ屋敷だ)電話で詰る妻、怖すぎる。
さらに、沼淵の誕生日に一緒に過ごすことを約束した村井は、大胆にも白昼沼淵の自宅に大きな花束を持って登場。いざ呼び鈴押す寸前、SNSで「逃げて」と沼淵から連絡が入る。え。沼淵夫登場? と混乱する中、沼淵宅の荒れた中を平然と歩く女の足…玄関を開け、「わあー、大っきな花束!」と歓声をあげたのは、香織夫人! 「来ちゃった(てへぺろ)」って、怖すぎる。
さらに、野球に励む谷原の視線の端に、広沢昌子によく似た女の姿…谷原が確認しようとした時には、もう姿は消えていた。
だけど、本当の恐怖はこれから。試合後、まだ明るい内に、谷原は駅のホームから突き飛ばされたのだった…まさか。もしや。広沢ママ、やっちゃったのか。谷原、死んだの?

ちょっとほっこり

浅見のことで鬱々と悩む深瀬だが、広沢の「深瀬は負けてない」の一言が支えになっていた。そんな時、偶然訪れた美穂子との再会。反対電車に乗ろうとしている彼女を必死の大声で呼び、またもやダサダサダッシュで反対ホームにたどり着く。
タッチの差で電車は出てしまったが、乗らないで待っていてくれた美穂子。少し前に老婆の落とした小銭を拾ってあげた深瀬の姿を見かけていたこと、また、そのことについて喫茶店・クローバーコーヒーの奥さん・乾恭子(YOU)と話せていたことも良かったのかもしれない。
ともかく、話すチャンスを得た深瀬は美穂子に告げる。「事件と向き合えずに逃げて来た。そんな自分を変えたい。変われたら、また一緒にコーヒーを飲んで欲しい」美穂子の幸せ笑顔ゲット。良かったね、良かったね。だけど、どうして美穂子はこんなにこの事件にこだわり、厳しい目を向けるのだろう。
ちょっと、当時の関係者なのではないか…そんな思いがよぎる。そんな中、またもや美穂子の元に告発文が届く。今度は手書きで「深瀬和久はお前を不幸にする」。どうして美穂子を狙うんだ。

次回第4話は、5月5日(金)よる10時から放送

広告の後にも続きます

さらなる疑心暗鬼が絡み合う。
第4話は、TBS系列で5月5日(金)よる10時から放送。

「リバース」公式サイト
http://www.tbs.co.jp/reverse_tbs/

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル