top_line

「流行語部門賞」は“令和”が受賞!国民が選んだ賞「Yahoo!検索大賞2019」の中から先行発表

music.jp

「流行語部門賞」は“令和”が受賞!国民が選んだ賞「Yahoo!検索大賞2019」の中から先行発表(C)music.jp 2019年12月4日(水)に「Yahoo!検索大賞2019」を発表!今年は、大盛り上がりとなったラグビーから「スペシャル部門賞」を選出!
ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、2019年に前年と比べ検索数が最も急上昇した人物、作品、製品などを発表・表彰する「Yahoo!検索大賞2019」のうち、「流行語部門賞」を先行発表します。「流行語部門賞」は、日本中が注目するなか、4月1日に菅義偉官房長官によって発表された「平成」に代わる新しい元号である「令和」が受賞しました。

 また「Yahoo!検索大賞2019」では、日本で9月より開催されたラグビーの世界大会で日本代表がベスト8に進出する活躍を見せるなどラグビーが話題となったことから、「ラグビー」と一緒に検索された人物の中で最も検索数が急上昇した方を「スペシャル部門賞(ラグビー)」として選出します。
 この「スペシャル部門賞」は、2019年に検索数が最も急上昇した“今年の顔”となる「大賞」や各部門賞とともに、2019年12月4日(水)に「Yahoo!検索大賞」公式サイト(

https://searchaward.yahoo.co.jp/

)や公式Twitter(

)などで発表します。

「Yahoo!検索大賞2019」 ※先行発表

<流行語部門賞> 令和


急上昇理由
 日本中が注目するなか、4月1日に菅義偉官房長官によって発表された「平成」に代わる新しい元号。出典元の「万葉集」や意味、表記方法など、「令和」に関する情報に注目が集まりました。新天皇陛下が御即位された5月1日に施行。

一緒に検索されたワード
万葉集・意味・アルファベット・元年・いつから・書き方・エクセル・カウントダウン・天皇・おじさんなど

<「Yahoo!検索大賞2019」概要>
■名称: 「Yahoo!検索大賞2019」
■概要: 2019年に、前年と比べ検索数が最も急上昇した人物、作品、製品などに贈られる賞
     ※集計期間内の1日あたりの平均検索数が、昨年と比べ最も増加した人物、 作品、製品から選出
★検索急上昇度の算出定義
「2019年(1月1日〜11月1日)の一日あたり平均検索回数」-「2018年一年間の一日あたり平均検索回数」=2019年検索急上昇度
■集計期間: 2019年1月1日(火)〜2019年11月1日(金)
■部門:



発表: 2019年12月4日(水)
■「Yahoo!検索大賞」公式サイト:

https://searchaward.yahoo.co.jp/


■「Yahoo!検索大賞」について
 「Yahoo!検索大賞」は、国内最大級の検索サービス「Yahoo!検索」のデータをもとに、前年と比べその年に検索数が最も急上昇した人物、作品、製品を選出し、表彰するイベントです。選出基準となる「検索」は、興味・関心を持つ対象について調べる能動的な行為で、日本人の意思が反映されたデータといえます。Yahoo! JAPANは、
この検索データを活用することで、まさに国民が選んだともいえる賞として、2014年に「Yahoo!検索大賞」を創設し、毎年イベントを実施しています。
 「Yahoo!検索大賞2019」では、2019年1月1日(火)〜2019年11月1日(金)までの集計データをもとに、“今年の顔”として検索数が最も急上昇した人物に贈る“大賞”に加え、「パーソンカテゴリー(10部門賞)」「プロダクトカテゴリー(7部門賞)」「カルチャーカテゴリー(6部門賞)」「ローカルカテゴリー(47部門賞)」において、人物、作品、製品などを表彰します。
 今年は、日本で9月より開催されたラグビーの世界大会で日本代表がベスト8に進出する活躍を見せるなどラグビーが話題となったことから、「ラグビー」と一緒に検索された人物の中で最も検索数が急上昇した方を「スペシャル部門賞(ラグビー)」として選出します。また、番外編として、「コスプレ」や「メイク」、「ヘアスタイル」、「ファッション」などの検索急上昇No.1もあわせて発表します。

TOPICS

ランキング

ジャンル