top_line

元AKB48・宮澤佐江&河西智美が山梨でワインの魅力を堪能! 神7メンバーとの関係など当時の秘話も 『タビフク+VR』

music.jp

元AKB48・宮澤佐江&河西智美が山梨でワインの魅力を堪能! 神7メンバーとの関係など当時の秘話も 『タビフク+VR』(C)music.jp プライベートでも仲の良いおしゃれな女性芸能人二人の旅行を通して、旅先や二人の魅力を映し出す番組「タビフク+VR」。2019年11月20日(水)放送分[BS-TBS/BS-TBS4K 23:00〜23:30]は「♯77 山梨・甲府(後編)」となり、前回に引き続き元AKB48の二期生同期の宮澤佐江と河西智美が登場する。

前編となった一日目、二人は「宝石の町・甲府」を堪能。そして後編となる二日目ではワインをテーマに、「果実の郷・山梨」を満喫する。

「茶懐石の宿、別邸・坐忘」で朝の野点を楽しんだ二人は、日本のワイン発祥の地の葡萄工房ワイングラス館にて、グラインダーによるマイ・ワイングラス作りに挑戦。単純で根気のいる作業だけに、製作中にはAKB48時代の様々なエピソードが飛び出す。神7など何人かのメンバーとの関係、さらには当時のメンバー同士でお風呂に入る時に流行っていたことなど、その驚きの内容に注目したい。

マルサ・パフェクッキングスタジオで山梨の豊富なフルーツを用いたオリジナル・フルーツパフェを作って小腹を満たした後は、創業1891年という現存する日本最古のワイナリー「まるき葡萄酒」へ。創業者の土屋龍憲氏は「フランスワインがフランス料理に合うように、甲州ブドウが和食に合わないはずはない」との想いで、甲州ブドウによるワイン作りにこだわり続けてきた人物だ。

そんな「マルキ・ワイナリー」が運営する茶懐石の宿「笛吹川温泉別邸・坐忘」では、坐忘こだわりの懐石料理を、ペアリングのまるきワインとともに楽しめる。醸造庫を見学し、ワインのロマンを知り、普段は飲まないワインの魅力に引き寄せられていく二人。そして、ワイナリーからはサプライズも。

まるきワイナリー二階のランチは、坐忘の料理長が作るメニュー。また、坐忘に宿泊すると、甲府盆地の新日本三大夜景を見渡しながら、まるきワインのテイスティングも可能なツアーに参加することが出来る。そんな素敵なテラスで、二人はこれからの夢について語る。1年間休業していた宮澤、そして、河西がいま思う目標とは?

なお、二人が訪れる様々なシーンで画面に現れるQRコードをスマホで読み込むと、360度VR動画を見ることができる。また、番組HPでは「タビフク的Best山梨・甲府のタビ」と題したガイドブックもダウンロードできるので、気になる人はチェックをお忘れなく。

【ナビゲーター】伊藤千晃
【出演】宮澤佐江(女優)、河西智美(女優)

■タビフク+VR|BS-TBS

https://www.tbs.co.jp/tabifuku/

TOPICS

ランキング

ジャンル