top_line

気になる彼とデート中に距離を縮めるタイミング3つ

愛カツ

気になる彼との関係が、“可もなく不可もなく”といった状況が続き、今後、どうやって距離を縮めれば良いのか分からない!と悩んでいませんか?

それ、相手も同じことを思っているかもしれません。

彼の気持ちを確かめるために、さりげなく彼のパーソナルスペースに入って物理的な距離を縮めてみるのも手かも?

今回は、女性の体験エピソードを交えて、彼と距離を縮めるタイミングをご紹介します。


 

1、映画館を選ぶタイミング

「少し仲良くなった彼と映画を見に行こうという話になり、“カップルシートに座ってみたい!”と私の方から提案してみました。彼は少しビックリしていましたが、いいねとノッてくれてカップルシートでの映画鑑賞が実現!一気に距離が縮まりました」(22歳/大学生)

少し大胆な作戦のようにも感じますが、状況を想像できた上で彼もOK!とノッてくれているので、彼も女性のことを気になっていたのかもしれません。

もしも、まだ友達としか思っていないなどの理由で相手の気が乗らない場合も、「恥ずかしいから嫌だよ~」などと気まずくならず断りやすいので、これは使えるアイデアかも。さりげなく提案してみましょう。

2、人混みへ行くタイミング

「夏に出会った彼と、もっと仲良くなりたいと思っていたときのこと。花火大会があると友達から聞いてすぐに彼を誘いました。ものすごい人混みで迷子になりそうな私に気付き、彼の方から手を繋いでくれることに!こんなタイミングがなければ近づけなかったと思います」(26歳/保育士)

人混みは人口密度が高いので、そのぶん距離も必然的に近くなりますよね。

わざと距離を近づけるようなテクニックは不要ですし、男性が本能的に女性を守らないと、と感じることで、手を繋ぐまでの発展も期待できるかも。

夏はお祭りなどのイベントも多いのでチャンスですよ。

ただし、このような状況でも彼があなたを守るような行為がなければ、まだあなたへの矢印は向いていないかもしれません。様子をうかがってみて。

3、居酒屋などのお店を選ぶタイミング

「片思いをしていた会社の先輩と、仕事帰りにミーティングを兼ねて飲みに行こう、という話に。ここまではよくある話なのですが、もう少し距離を縮めたいと思いカウンター席がメインの居酒屋をチョイスした私。こぢんまりとしたお店だったので、席の距離感も結構ぎゅうぎゅうで……先輩の顔が近くドキドキでした」(24歳/メーカー勤務)

普段は会社の先輩と後輩という関係性から、恋愛へ発展させるのはとても勇気の要るもの。

一緒に飲みに行くことになったら、カウンター席のお店をチョイスすると◎。自然な流れで隣同士に座れます。

普段は感じることができなかったあなたの仕草や香りに、男性はあなたを女性として意識するはず。

そんなときのために、身だしなみやお肌の手入れは普段から頑張っておきたいですね。

「パーソナルスペース」を意識してみて

人はある程度の距離感(パーソナルスペース)を保ちながら良好な人間関係をつくっています。

仲の良い恋人同士などであれば、15㎝以内の距離にいても幸せと感じることも多いようですが、逆に不快と感じたら相手はその距離から離れようとするでしょう。

彼の心を読み解くという意味でも、デート中にさりげなく距離を近づける作戦はアリですね♡

(愛カツ編集部)

TOPICS

ランキング

ジャンル