top_line

「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」新たな場面写真が到着!美しい光景から垣間見える想いとは…

アニメ!アニメ!

「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」新たな場面写真が到着!美しい光景から垣間見える想いとは…

劇場アニメーション映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』より、新たな場面写真6点が到着した。美しい四季折々の光景を映し出す場面写真の端々から、登場人物が抱えるいくつもの想いが垣間見える。


12月20日公開予定の劇場アニメーション映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の舞台は、第二次世界大戦中の広島・呉。大切なものを失いながらも前を向き、日々の暮らしを紡いでいく女性・すずの深い感情を、新たなエピソードを盛り込むことで描き出す新作劇場アニメーション映画だ。



前作である劇場アニメーション映画『この世界の片隅に』は2016年11月12日に公開され、日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、仏・アヌシー国際アニメーション映画祭優秀作品賞など国内外で70以上の賞を受賞するなど大きな反響を呼んだ。その後も多くのファンと上映劇場の熱意に支えられ、公開から1,000日以上も経過する現在も日本全国どこかの劇場で上映が続けられている。



新作『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』で新たに加わるのは、主にすず、リン、周作の3人のエピソード。それぞれが秘める“こころのひみつ” が描き足されたことにより、複雑な心情が幾重にも絡みあう、より重厚な人間ドラマへと物語は変貌を遂げている。
今回お披露目となった場面写真6点で、『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』 で描かれる四季の描写が全て揃った。北條家の一家が揃って花見をした満開の春。すずと晴美で小松菜の種を植えた初夏。赤とんぼが飛ぶいわし雲を夫婦で見つめた秋。そして、テルとすずが出会う雪が多かった昭和20年の冬……これらの写真が本編のどの部分で使われているのか、ぜひ劇場で確かめて欲しい。



劇場アニメーション映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』は、テアトル新宿・ユーロスペースほかにて2019年12月20日より上映開始。

劇場アニメーション映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』

■声の出演:のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 牛山茂 新谷真弓/花澤香菜/ 澁谷天外(特別出演)
■原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊) 企画:丸山正雄 監督補・画面構成:浦谷千恵 キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典 美術監督:林孝輔 音楽:コトリンゴ プロデューサー:真木太郎 監督・脚本:片渕須直

製作統括:GENCO アニメーション制作:MAPPA 配給:東京テアトル
製作:2019「この世界の片隅に」製作委員会
(C)2019 こうの史代・双葉社 / 「この世界の片隅に」製作委員会

TOPICS

ランキング

ジャンル