top_line

上白石萌歌「僕はどこから」ヒロインに決定 Hey! Say! JUMP中島裕翔&間宮祥太朗、場面写真初公開

モデルプレス

【モデルプレス=2019/11/18】女優の上白石萌歌が、Hey! Say! JUMPの中島裕翔が主演を務め、俳優の間宮祥太朗が出演する2020年1月8日スタートのテレビ東京系ドラマホリック『僕はどこから』(毎週水曜深夜0時12分~0時52分)でヒロインを務めることがわかった。

上白石萌歌(C)「僕はどこから」製作委員会
今作は、ヤングマガジンで連載されていた市川マサ氏の同名漫画が原作。特殊な能力を持つ青年&エリートヤクザの青春異能クライムサスペンスを脚本・高橋泉氏で初ドラマ化。“若さ故に抱える苦悩”や“揺るぎない友情”を真正面から描く。

◆上白石萌歌、ドラマオリジナルキャラクターでヒロイン

上白石萌歌が7変化(C)「僕はどこから」製作委員会
上白石はドラマ完全オリジナルキャラクターとなるヒロイン。7変化するビジュアルも見どころのキャラクターである。今回、可愛らしさの中に、狂気を秘めた智美の妹・藤原千佳役を演じ、今作のテーマにもなっている「ファミラブ(家族愛)」のキーマン(!?)となる。

中島裕翔&間宮祥太朗(C)「僕はどこから」製作委員会
さらに今回、中島と間宮演じる「僕どこ」コンビ・竹内薫&藤原智美の場面写真も初公開された。

◆上白石萌歌コメント全文

Q:強烈すぎる兄妹愛とエキセントリックで狂気を秘めたキャラクター、藤原千佳を演じてみていかがでしたか?

原作からのヒントが少ない役柄だったので、イメージを膨らませながら演じることが楽しかったです。掴みどころがなく、何を考えているか分からない女の子だったので、私自身が千佳に振り回されてしまうこともありましたが(笑)千佳は一見明るく見えるけれど、苦しみや寂しさを若くして知っている、たった1人の心の支えであるお兄ちゃんを愛することに自分のアイデンティティを見出している子だと感じました。彼女が試練を越えていく中でどう成長していくのか。くるくると変わる、個性的で可愛いお洋服にも注目してみてください!

Q:中島さんと初共演ということで、共演されていかがでしたか?

中島さんには歌って踊る、とても華やかで眩しいイメージがありましたが、カメラが回ると一転し、薫そのものになってらっしゃったことに驚きました。現場でもスタッフさん方といつもコミュニケーションを取っていらっしゃったことも印象的で、とても素敵な座長だなと思いました。どっしりと構えてくださったおかげで千佳を演じやすかったです。

Q:間宮さんとはトーク番組でお会いし、今回初共演とのことですがいかがでしたか?

トーク番組で「いつか共演できるように頑張ります」と言ったことがこんなにも早く実現するなんて、夢のようでした。しかもお兄ちゃんなんて!(笑)知らせを聞いたときはとても嬉しかったです。はじめましてではない安心感が、兄弟を演じる上でしっかりと生きたのではないかなと思います。お芝居をしているときも目に嘘がない方で、盗みたいものばかりでした。共演できて幸せです。

Q:視聴者のみなさんに一言お願いします。

自分は一体何者であって、どこへ向かうべきなのか。問いを続け、もがきながら進んでいく人たちの物語です。男性キャストばかりの凄まじい熱量に溢れたこの作品の中で、ひとつのスパイスになれたらいいなと思って演じました。薫と智美の美しい友情に注目して楽しんでいただければと思います。

◆プロデューサー:戸石紀子(テレビ東京)コメント

映像化が決まった際に、講談社さんから女性のオリジナルキャラクターを投入してみては?と、ご提案をいただき、脚本家・高橋さんのアイディアで智美の妹役、千佳を膨らませて作り上げました。この男だらけの「僕はどこから」で唯一の華!思いっきり遊ばせてもらっています(笑)

また、ご出演依頼の最中、上白石さんが某トーク番組にて、ゲストでご出演されていた間宮さんに「いつか共演したい」とおっしゃられていて、思わずテレビの前でガッツポーズ!(笑)複雑な家庭環境で、思春期に孤立しかかった千佳。上白石さんはこの掴みどころのない、難しい役を振り切って演じられ、とても強い印象を残していただきました。

千佳の個性的な衣裳はもちろん、彼女の成長もドラマの見どころとなっております。上白石さんと実力派バディ、中島さん&間宮さんたちによる熱演に、是非ご期待ください!

◆ストーリー

文章を書き写すことで、他人の思考をコピーできる小説家志望の青年・竹内薫。認知症を患う母と二人暮らしをしながら、今日も一心不乱に原稿に向かっている。薫の前には類まれなる能力を持ちながらも、その能力ゆえに「自分独自の作品」が作れないという大きな壁が立ちはだかっていた。必死に母を介護しながら自分の夢と現実にもがく薫になおも降りかかる「母の事故」という悲劇。自分の存在意義を見失い、母の入院費用さえままならない薫は一人呟いた…

――僕は…僕はどこから…来るんですか…

絶望に暮れる薫の所に元同級生の講談会系東宮寺組最年少組長・藤原智美が現れる。

――お前まだ…他人の頭で考えること出来るな?

――お前に、すげぇ景色、見せてやるよ

智美が莫大な報酬と共に提示したのは、とある家庭の息子を一流大学に入学させる、いわゆる替え玉受験の仕事。薫はその異能を活かして成功直前までこぎつけるが、予想だにしない大きな流れに飲み込まれることになる。

薫の先に待つものは光か闇か…

人生に追い詰められた薫が、智美の導きで“自分さがし”を決意するとき、大いなる犯罪の幕が上がる――!!

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

TOPICS

ランキング

ジャンル