top_line

稲森いずみ、阿部寛演じる桑野が現実にいたら「絶対に笑います」『まだ結婚できない男』第7話

テレビドガッチ


阿部寛主演の火9ドラマ『まだ結婚できない男』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~※この日は21:30~)の第7話が、11月19日に放送される。主人公の桑野(阿部)が足繁く通うカフェの店長・有希江を演じる稲森いずみからコメントが到着した。

同ドラマは、2006年7月から9月にかけて放送された『結婚できない男』の続編。偏屈で独善的で皮肉屋……けれど、どこか憎めない独身の建築家・桑野が、さまざまな女性との出会いをきっかけに恋愛を意識し、結婚を真摯に考えるまでの日常をリアルに、そしてコミカルに描く。第7話は、有希江のカフェが閉店の危機を迎えるというストーリー。桑野の建築にほれ込んでいるという依頼主から頼まれた新店舗のデザインが、実は有希江のカフェをつぶし、新しいお店を開店させる計画だったのだ。場所が有希江の店とは知らず、新しい仕事にわくわくしていた桑野だったが、その事実を知ってがくぜんとする。

稲森に第7話の見どころを尋ねると「第7話は有希江に、離婚以来のピンチが訪れます。そしてそのときの桑野さんの心遣いや優しさにグッときてしまいます」とコメント。さらに稲森は「今まで有希江は桑野さんの不器用ながらのアプローチ(?)に少なからず好意は抱いていましたが、さらに“桑野さんと好き同士になれる人って意外と幸せ?”と感じます。有希江自身もその対象になっているのかは、この先のお楽しみですね」と意味深な発言が飛び出した。

周りの反響や結婚観についての変化を聞かれると、「見ているよ、とか、面白いね、と声を掛けていただき、とてもうれしいです。(結婚観は)特に変化はありませんが、このドラマの中には、漠然と心の中にあった思いが“ストン”とふに落ちる、そんないいセリフがあちこちに散りばめられていました。そういう言葉たちは、これから先、自分にとっての宝になりますよね」と自身にとっても、よい影響を与えているようだ。

さらに、共演している阿部との撮影エピソードについては「阿部さん(桑野さん)には最後までよく笑わせられました。現実にあんな人がいたら、絶対に笑います。自然な流れですよね(笑)。(第5話の)鎌倉のお寺の長〜い手すりを絶妙なバランスと猛スピードで、しかもノーハンド、おしりだけで滑り降りていった時は、生で見ていて圧巻でした」と阿部の身体能力の高さ(?)にも驚いたようだ。

番組もいよいよ終盤に近付き、“大人たちの恋愛模様”も色づき始めてきた第7話。有希江やまどか(吉田羊)、相手によってさまざまな顔を見せる桑野が、有希江のピンチにどう行動するのか、注目が集まる。

TOPICS

ランキング

ジャンル