top_line

音楽ゲームアプリ「DEEMO」が劇場アニメ化へ 「BLOOD+」藤咲淳一総監督のもとSIGNAL.MDが制作

アニメ!アニメ!

音楽ゲームアプリ「DEEMO」が劇場アニメ化へ 「BLOOD+」藤咲淳一総監督のもとSIGNAL.MDが制作

スマートフォン用の音楽ゲームアプリ『DEEMO』の劇場版アニメプロジェクトが始動した。『BLOOD+』の藤咲淳一総監督のもと、『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』や『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』のSIGNAL.MDがアニメーション制作を担当する。

『DEEMO』は全世界累積2,300万ダウンロードを突破した、楽器のピアノをコンセプトに据えた音楽リズムゲーム。旋律の美しいクラシック音楽から、ロックナンバー、ジャズ、エレクトロなど幅広い音楽性を取り入れており、曲数はおよそ200 曲にもおよぶ。
楽曲の良さのみならず、まるでピアノを弾いているかのようなプレイ感覚の斬新さと楽しさ、ほかのアプリゲームでは類を見ないスムーズさで、アジア圏を中心に世界中で多くの音ゲーファンを虜にしているタイトルだ。

劇場版アニメプロジェクトは、アメリカ・ニューヨークで開催中の「ANIME-NYC 2019」内パネルにて、『DEEMO』を手掛ける「Rayark」のMing-Yang Yu(ミンヤン・ユウ)代表取締役社長より発表されたもの。



『DEEMO THE MOVIE』というタイトルで制作される劇場アニメは、『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』や『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』のSIGNAL.MDがアニメーション制作を担当し、『進撃の巨人』や『攻殻機動隊』のProductionI.Gがこれをサポート。
総監督には『BLOOD+』の藤咲淳一、監督には新進気鋭の松下周平が起用され、主題歌およびイメージソングは『ソードアート・オンライン』や『魔法少女まどかマギカ』、『Fate/Zero』、『空の境界』の梶浦由記が手掛けることになった。


映画『DEEMO THE MOVIE』は2020年完成予定。 詳細は公式サイトまで。

映画『DEEMO THE MOVIE』
2020年完成予定
■スタッフ
原作:RayarkInc.「DEEMO」
脚本:藤咲淳一・藤沢文翁
キャラクターデザイン:めばち
イメージボード:吉田ヨシツギ
美術:小倉宏昌
美術設定:吉田大洋
色彩設計:片山由美子
CGアニメーションディレクター:鈴木寛
モデリング スーパーバイザー:今泉隼介
テク二カル ディレクター:田村耕一郎
3DCG制作:ブロス
撮影/グレーディング:江面久/齋藤瑛
編集:村上義典
音響監督:明田川仁
音響制作:マジックカプセル
主題歌:梶浦由記
副監督:平峯義大
監督:松下周平
総監督:藤咲淳一
制作:SIGNAL.MD
   ProductionI.G
製作:ポニーキャニオン
(C)2020 Rayark Inc./DEEMO THE MOVIE Production Committee

TOPICS

ランキング(アニメ)

ジャンル