top_line

「機甲創世記モスピーダ」AFC-01Hレギオスの指揮官機“エータ”が立体化! 3形態に完全変形

アニメ!アニメ!

「機甲創世記モスピーダ」AFC-01Hレギオスの指揮官機“エータ”が立体化! 3形態に完全変形

『機甲創世記モスピーダ』より、第二次地球奪還の主力可変戦闘機AFC-01Hレギオスの指揮官機である「エータ」が1/48スケールのフィギュア化。2019年12月6日まで「ユニオンクリエイティブ」にて予約受付中だ。

今回のアイテム「【千値練】RIOBOT 1/48 AFC-01H レギオス・エータ」は、戦闘機形態・アーモファイター、戦闘機と人型の中間形態・アーモダイバー、人型ロボット形態・アーモソルジャーの3形態に完全変形。変形機構の見直しも行われたことで、今までにない変形が実現した。



アーモソルジャー状態では、コックピットが胸部の中に収納され、頭部下に移動。戦闘機形態での脚は大幅に収縮され、小型機然としたフォルムが再現された。また、ミニサイズの可動式ライディングスーツが付属し、コックピットへの搭乗などスケールを活かした遊びを堪能可能だ。



「【千値練】RIOBOT 1/48 AFC-01H レギオス・エータ」の価格は25,000円(税別)。2019年12月6日まで「ユニオンクリエイティブ」にて予約受付中となっており、2020年6月の発売が予定されている。

■商品名称:【千値練】RIOBOT 1/48 AFC-01H レギオス・エータ
■JAN:4571335880408
■発売時期:2020年6月発売予定
■価  格:27,500円(税込)/25,000円(税別)

サイズ アーモファイター時:全長約210mm/アーモダイバー時:頭頂高約110mm/アーモソルジャー時:頭頂高約160mm

付属品 ビームキャノン・マウントパーツ・ミサイルポッド・1/48 ライディングスーツ(可動式)・1/48 VR-052F・台座

素材 ABS、PVC、PA、POM、ダイキャスト
設計 前野圭一郎(T-REX)
フィニッシャー 早川洋司(千値練)

発売月 2020年6月発売予定
受注開始 2019年 11月 18日(月)
受注締切 2019年 12月 6日(金)

(C)タツノコプロ

TOPICS

ランキング

ジャンル