top_line

『推しが武道館行ってくれたら死ぬ』の原画展がめっちゃ素晴らしいので推しまくる記事

マンガ新聞

『推しが武道館行ってくれたら死ぬ』の原画展がめっちゃ素晴らしいので推しまくる記事

どうも、みなさんこんにちは。

本日のレビューは地元岡山から、いつも以上に愛と情熱をもってお届けします。

 

ここは岡山県高梁市にある「吉備川上ふれあい漫画美術館」。

本日はこちらで開催されている

『平尾アウリ原画展』

にやってきています。職員の方にお伺いしたところ、県外から来館されてる方も多く、原画の素晴らしさもあって評判もすこぶる良いようです。

 

 

 

そんな好評の最中、11月17日に開催された作者の平尾アウリセンセイと、岡山を拠点にして活動を行うアイドルグループ「feelNEO」を招いてのライブイベントを観覧してきたので宇宙一早く(と信じている)レポートとしてその模様をご紹介したいと思います。

 

 

※岡山アイドル『feelNEO』の新曲は2020年1月8日発売!

 

と、その前に……

アニメ放送も目前に迫った本作『推しが武道館行ってくれたら死ぬ』についておさらいしましょう。

本作はアイドル…ではなくてそのアイドルを応援することに人生をかけている

“アイドルオタク”たちが主人公の物語。先月最新の第6巻が発売されたばかりです。

 

“推し”にすべてを捧げるために自分のことは後回し。

稼いだお金はすべて推しのために使うため、着るものはいつも学生時代のジャージ。

推しの物販を買い占めてしまうためファンの増加の機会を自ら潰していることにまだ気づいていないTO(トップオタ)のえりぴよ。

 

そんな猪突猛進なえりぴよに対して、内気でシャイな性格で人気最下位のアイドル舞奈。

ふたりの「近づきたいけど近くならない関係」を中心にアイドルとオタク、そしてアイドル同士の物語を描いたのがこの作品です。

 

萌えとかもあるんですが、それ以上にところどころに差し込まれる“狂気”が実は面白いのでそこにも注目してもらえればと思います。

 

推しが武道館いってくれたら死ぬ(1) (RYU COMICS)
推しが武道館いってくれたら死ぬ(1) (RYU COMICS)
著者:平尾アウリ
出版社:徳間書店(リュウ・コミックス)
販売日:2016-03-01
  • amazon.co.jp

 

さて、ここからが本番です。

 

今回は吉備川上ふれあい漫画美術館さんの開館25周年を記念したイベントで岡山県倉敷市出身の平尾センセイと、地元岡山を拠点に活動するアイドルグループ「feelNEO」をお迎えしてのライブ×トークイベントとなりました。

 

 

※熱心にアイドルの応援をする僕(友人提供)

 

 

開演後先ずは「feelNEO」によるライブパフォーマンスが行われました。

(MVはこちらから)

歌とダンスをメインにアイドルらしいキュートで力強いパフォーマンスを魅せてくれました。

広いステージだと動きも大きくなって見ごたえがあります。

作中ではあまり描かれていませんが、きっとこんな感じなんだろうなと思える生き生きとした躍動感でした。

 

そして10分ほどのインターバルを経て、いよいよ平尾アウリセンセイをお迎えしてのトークイベントが開催されました。お相手は引き続き「feelNEO」です。

 

Q&Aタイムでは「作中のアイドルグループ『ChamJam』(チャムジャム)のメンバーたちにはモデルがいるの?」なんて質問も。

「feelNEO」やご来場したお客様から、作画にかかる時間や、使っている画材などといった質問に、ちょっとたどたどしい感じなのはご愛敬!の平尾センセイのお答えに、会場から笑いや関心の声があがっていました。

 

そして最後は平尾アウリセンセイの直筆サインが当たるジャンケン大会。

すんなり決まるかと思いきや、ここで勝負強さを見せつけた平尾アウリセンセイが、三度にわたりジャンケンで完勝を納めてしまうというまさかの展開!

何度もやり直しを図るという事態に陥り会場の全員が苦笑いでした。

 

そんな感じで終始、和やかな雰囲気の中で行われた今回のイベントですが、岡山でもそう利便性が高いといいにくい会場には、岡山県からはもちろん、広島、大阪、東京、茨城、なんとフィリピン(!!)からも、たくさんのお客様が来られたとのことです。

すごい……。

 

さて、興奮さめやらぬリポートをお送りしました。原画展は12月22日まで開催中です。

ぜひ皆様も足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

 

え? まだ作品を読んだことが無い? 大丈夫で~す。

美術館にも当店コミックサロン『G.I.F.T.』でもこの『推しが武道館行ってくれたら死ぬ』を読むことが出来ますので、予習復習も併せてお越しになってみてください!

 

 

 

このレビュアーのほかの記事

■“儚い”からこそ強く輝く夢になる『推しが武道館いってくれたら死ぬ』きっと俺も死ぬ。

■働くことが大好きだっていいじゃないか!『グッドジョブ』という人生賛歌

■二人の時間は“それなり”くらいがちょうどいい?『ふたり明日もそれなりに』

 

 

 

 

TOPICS

ランキング

ジャンル