top_line

あまりデートしてくれない彼の本音とは

愛カツ

彼氏がなかなかデートしてくれないという悩みを持っている女子は本当につらそうに見えます。

週1でお泊りデートしたいのに、彼氏は2週に1回しかデートしてくれないと嘆いている女子のなかには、「彼氏は結婚するだけの相手」と割り切って、彼氏に内緒でほかの男子とせっせと遊んでいる女子がいるけれど、その女子のホンネは「やっぱり彼氏と遊びたい」ですからね……。

葛藤するつらさに同情したくもなります。

さて、そんな大変な交際になるのを避けるために、今回は、あなたの希望の頻度でデートしてくれる人かどうかを見抜く方法についてお届けしたいと思います。

「結婚向き」の彼氏はあまりデートしてくれない

安定した収入があり、かつ誠実な性格の男性と、なんとなく結婚を視野に入れて付き合う女子っていますよね?

そのような男性は、付き合いはじめは彼女の気をそらさないように、かなり頑張ってデートしてくれます。

でも、根がマジメで、安定志向で、リスクを嫌うので、彼はやがてあまりデートしてくれなくなります。

デートする時間があるのなら、彼女との結婚にために、仕事をして出世の足掛かりをつくっておこう――たとえば彼はこう考えます。

あるいは、週1でお泊りデートしたら、場合によっては2万円くらい出ていくのだから、デートは2週に1回にして、浮いたお金を結婚のために貯金しておこうと考えます。

安定志向の誠実な男性と付き合って結婚したいと思っている女子はきっと多いと思うんですが、安定と恋愛のキラキラの両方とも手に入る……わけではない(ことが多い)のが実情です。

親とうまくいっていない男性はあまりデートしてくれない?

親とうまくいっていない、その「うまくいっていなさ」を、彼女にぶつける男がいます。ぶつけた結果、ふたりでラブラブになることもあります。

がしかし、反対に、彼がちっともデートしてくれないということになることもあります。

親とうまくいっていない人って、彼女が隣にいても、頭の中では絶えず親と自分との関係を考えています。

うまくいっていない親子関係って、考えたくないと思っても、どうしても頭から離れないんですね。

だから、極端な例を挙げると、彼は休日に彼女と一緒にいるにもかかわらず、ひとりで酒を飲んで酔っ払うということに……。

「親との関係」をより一般化して言うなら、過去になんらかうまくいかなかった経験があり、その「うまくいかなさ」を今でも引きずっている男性は、あまりあなたとデートしてくれないでしょう。

根が冷たい男性はあまりデートしてくれない?

たとえば電車の中で席を譲るとか、困っている人を助けるとか、そういうことがさっとできる人は、根が優しい人です。

反対に、自分の仕事のことばかり考えていたり、義理人情そっちのけで、なにかにつけ合理性を重んじる人は、根が冷たい人です。

根が冷たい彼氏は、彼女が困っている気持ちに寄り添おうという発想がそもそもなかったりします。

「週1でお泊りデートしたいと思っているのに、2週に1回しかデートしてくれない……これではわたしの恋心もつらければ、わたしの性的な欲求も満たされない」

―――たとえばこんなふうに切実に悩んでいる彼女の気持ちに、彼は気づかないのです。

おわりに

基本的なことを言えば、多くの男は女子ほどデートを重視していません。

もちろん彼女とデートしたいという希望は持っているんですよ。でも、デートよりもまずは仕事!働いて出世してお金を稼ぐこと!これが男心の根底にあるホンネです。

なぜそんなホンネを持っているのか?

多くの女性が、仕事ができてそこそこお金を持っている男性しか恋愛の対象にしないからです。そのような女子の傾向を、男は知っているからです。

こっちが立てばあっちが立たずという感じで、世の中なにかとうまくいかないですね。

(ひとみしょう/作家・コラムニスト)

(愛カツ編集部)

TOPICS

ランキング(恋愛)

ジャンル