top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

高杉真宙と葵わかなが雨の中で見つめあう 映画『逆光の頃』特報&ティザーポスターが解禁

SPICE

7月8日公開の映画『逆光の頃』から、初の映像となる特報が解禁された。

『逆光の頃』は、フィギュア「コップのフチ子」原案やギャグイラスト『バカドリル』 で知られる漫画家・タナカカツキ氏のデビュー作『逆光の頃』の実写映画化作。原作は1988年から1989年に『コミックモーニング』と『モーニングOPEN』にて連載されていた。日常と非日常、夢と現実、双方の世界を行き来する少年のゆらめきときらめきを、京都の街を背景に描く。今回の映画化では、全12編からなる原作から、「僕は歪んだ瓦の上で」「銀河系星電気」「金の糸」の3編とオリジナルエピソードを、俊英・小林啓一監督が映像化する。主演は、『PとJK』『トリガール!』などの高杉真宙。主人公が恋する幼なじみ・みこと役で次期NHK連続テレビ小説『わろてんか』でヒロイン・藤岡てんを演じる葵わかなが出演している。

 

 

広告の後にも続きます

公開された特報は、一切の台詞がなく、風になびく風鈴の音が鳴り響くのが特徴的だ。古都・京都で青春時代を過ごす主人公・孝豊(高杉真宙)と、 彼を取りまく人々の姿が収められている。 五山の送り火で知られる大文字や鴨川などの美しい風景もさることながら、激しい雨の中で見つめ合う孝豊とみことの姿が鮮烈な印象を残している。 

 


(C)タナカカツキ/講談社・2017 東映ビデオ/マイケルギオン



  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル