top_line

巨大昆虫サバイバルホラー「巨蟲列島」、井口昇監督が急きょ“実写化”!? 40秒ショートPV公開

アニメ!アニメ!

巨大昆虫サバイバルホラー「巨蟲列島」、井口昇監督が急きょ“実写化”!? 40秒ショートPV公開

アニメ映画化も決定している巨大昆虫サバイバルパニックホラー『巨蟲列島』が、急きょ“実写化”。実写版は、映画『惡の華』『片腕マシンガール』『電人ザボーガー』などで知られる井口昇監督が手掛けることとなり、今回、本編映像に先駆けて40 秒のショートPVが公開された。



『巨蟲列島』の原作は、秋田書店「マンガクロス」にて連載し、月間110万PVを超えるサバイバルパニックホラーマンガ。修学旅行中に旅客機が墜落し、巨大蟲が支配する島へと流れ着いた私立鳳翔学園の生徒たちが、モラルと理性が失われた状況下で蟲たちに立ち向かう姿を描いている。



今回の実写映像企画は、“巨大蟲に襲われるヒロイン”という世界観に関心を示した井口監督に、アニメ版スタッフが秘密裏に接触し、意気投合したところから実現。実写映像の本編は、2019年11月22 日~11月24日開催の「熱海怪獣映画祭」にて特別上映されることとなった。
『惡の華』『片腕マシンガール』『電人ザボーガー』などでメガホンを取った井口監督が、『巨蟲列島』をどう料理したか、気になるファンは是非「熱海怪獣映画祭」に足を運んで、その目で確かめて欲しい。


また、11月24日12時15分からの上映には井口昇監督も登壇するほか、会期中は上映会場「国際観光専門学校熱海校」に撮影で使用された巨大な蟲のプロップも展示される。詳細は映画祭公式サイトまで。

(C)藤見泰高・REDICE(秋田書店)/巨蟲列島製作委員会

TOPICS

ランキング

ジャンル