top_line

エプコットのリノベーション計画4【アメリカ】

ワウネタ海外生活


ウォルトディズニーワールド(Walt Disney World)のテーマパークの中の一つであるエプコット(Epcot)の壮大なリノベーション計画で、結構注目を浴びそうなフランス館の変化についてお話します。

リノベーション後も「ワールド・ショーケース(World Showcase)」というエリアの名前は変わりませんが、フランス館の変化が凄そうですよ!

まずは、映画「レミーのおいしいレストラン(Ratatouille)」の世界が表現された4Dアトラクション「レミーのラタトゥイユ・アドベンチャー(Remy's Ratatouille Adventure)」。
フランス館にピッタリなアトラクションですね。

こちらのアトラクションは、パリのウォルト・ディズニー・スタジオ(Walt Disney Studios)に既にあり、私もそちらで体験したことがあるのですが、主人公のレミーのようにねずみサイズになってパリの街やレストランを駆け巡るようなとっても楽しいライドでした。
フランス館にオープンしたらかなりの人気になることは間違いなしだと思います。


続いては、映画「美女と野獣(Beauty and the Beast)」の名曲と共に歌うことができるシアター系のアトラクション「”美女と野獣”シングアロング("Beauty and the Beast" Sing-Along)もオープン予定だそうですよ!

アトラクションだけではなく、フランス館にはテーブルサービス、そしてクイックサービス共に世界的にも有名なシェフであるジェローム・ボキューズ(Jerome Bocuse)氏が監修する新しいレストランもオープンする予定ということでかなり賑わいそうです。

TOPICS

ランキング

ジャンル