top_line

治りにくい「肺がん」治療実績向上で明るい未来は開けるか

女性自身

治りにくい「肺がん」治療実績向上で明るい未来は開けるか

「乳がんは近年、よく治るようになりました。私の患者さんのなかには再発・転移をしても、治療を受けてその後、十数年がんが出てこない人、治療を終えてから出産する人も珍しくはなくなりました」

 

そう話すのは、国際医療福祉大学三田病院乳腺センター長などを歴任、現在はよしもとブレストクリニックを開業し、数千人の乳がん女性と向き合ってきた吉本賢隆先生。

 

発見され、数カ月で命を落としてしまう人もいる一方、再発・転移しても結果的に生還する人がいる。がんは部位やケースによって、まったく違う病気のようだ。

 

「統計精度の問題はあるが、がん全体の生存率は7~8年前と比較すると、おそらく上昇しているといえると思います」

 

こう語るのは、国立がん研究センターがん対策情報センターがん登録センター長の東尚弘先生。

 

そこで本誌は、国立がん研究センターがん対策情報センターで8月に公表された、「がんの部位別・5年生存率」をもとに、がんの部位別に専門医から傾向と対策を聞いた。

 

【肺がん】

 

肺がんは5年生存率が40.6%でいまだに「治りにくい」とされる。ただし、なかでも「非小細胞がん」は、治療成績が上がってきている。日本ではまだ数少ないオンコロジスト(腫瘍内科医)で、抗がん剤のエキスパートである武蔵野徳洲会病院の佐々木康綱先生は語る。

 

「免疫チェックポイント阻害薬など新たな薬剤が開発されたことが大きく貢献しています」

 

肺がんは、小細胞がんと非小細胞がんに分けられ、特に治療が難しいのは小細胞がんで、肺がん全体の15%程度になる。発育が早く転移を起こしやすいので、手術より抗がん剤治療が主となるという。

 

「とはいえ、近年、化学療法が有効であるといわれていたがあまり進歩がなかった。ただし最近は、免疫療法アテゾリズマブの追加効果が認められ、ようやく治療成績の向上が見込めるようになりました」(佐々木先生)

 

非小細胞がんである腺がんは、非喫煙者の女性にも比較的発症する場合が多いので、たばこを吸わない人にも、決して無縁ではないから要注意だ。

 

最後にーー。たとえば、これほど治りやすくなった乳がんの患者の中でも、命を落とすケースもある。前出の吉本先生は、警告する。

 

「標準治療から外れて、代替医療に頼ってしまうケースです。保険がきかないため、治療費に糸目をつけない人は、『この治療法がいいよ』などと、方々から効果の保証されていない治療薬や、サプリメントを勧められ、標準治療を受ける機会を逃してしまい、気がついたときには手遅れになる、適切な治療を逃してしまう人がいるのです。これは乳がんだけでなくどんながんにも言えることです」

 

本来、治るはずが命を落としてしまうケースである。治る・治らないには、危険な分かれ道があるということだ。

TOPICS

ランキング

ジャンル