top_line

趣里、オダギリ ジョー主演ドラマ『時効警察はじめました』に吉岡里帆の親友役でゲスト出演決定!

エンタメステーション

趣里、オダギリ ジョー主演ドラマ『時効警察はじめました』に吉岡里帆の親友役でゲスト出演決定!

11月15日(金)午後11時15分~放送される、オダギリ ジョー主演ドラマ『時効警察はじめました』(テレビ朝日系)第5話に女優の趣里がメインゲストとして出演決定。併せて、趣里のコメントが到着した。

本作は、時効になった事件を“趣味”で捜査する男・霧⼭修⼀朗(オダギリ)が、名(迷)助⼿・三⽇⽉しずか(麻生久美子)と共に未解決事件の謎に挑むシュールな脱⼒系コメディーミステリー。趣里は、新⼈刑事・彩雲真空(吉岡里帆)の“親友”で、超⼈気お笑い芸⼈だった⽗親を時効事件で亡くした娘・夏歩を演じる。

さらに第5話には、『キングオブコント』で3年連続準決勝進出し、今年は決勝戦進出を果たしたお笑いコンビ・空気階段(水川かたまり、鈴木もぐら)も、時効事件の渦中にいる超⼈気お笑いコンビ役で出演。水川は夏歩の亡き⽗で「伝説のコント師」と崇められた村瀬ベルギーワッフルを、鈴⽊は村瀬を殺害した犯⼈の可能性が⾼い相⽅・栗原くりごはんを演じる。空気階段は「時効警察という歴史あるドラマに︕ お笑い芸⼈という現実と同じ役柄で出演させていただき︕ 死ぬ前⾛⾺灯確実イベントです︕」と語った。

【趣里コメント】
Q.『時効警察はじめました』への出演オファーが来たときのお気持ちをお聞かせください。

『時効警察』が復活することに「わ〜っ︕」と⼼が躍った上に、まさか⾃分が呼んでいただけるとは思っていなかったので、すっごくうれしかったです︕

Q.趣里さんの出演回はお笑いを題材にした物語。台本を読んで、どう思いましたか︖
実は私もお笑いが⼤好きで、共演したお笑い芸⼈さんのライブもよく⾒に⾏っているんです。今回の台本も⾯⽩くて、“お笑いってやっぱり世界を救うな︕”と思える内容になっていたので、楽しんでどんどん読んじゃいましたし、夏歩を演じることが楽しみでした。 『僕とシッポと神楽坂』(18)でご⼀緒した尼神インターの渚さん主催のライブを⾒に⾏ったとき、すごく強烈なキャラの皆さんが舞台に登場したことを思い出して、「これは私もキャラクターで⾏かないと︕」と思いましたね(笑)。

Q.殺された芸⼈の娘で、かわいさと邪悪な顔を併せ持つ夏歩を演じる上で⼼がけたことは︖
⼆⾯性は誰もが持っている部分。夏歩の場合は、殺されたお⽗さんやお笑いへの愛が芯にあるので、そこだけブレなければどんどん変化して、いろんな⾯がもっと⽣まれてもいいのかなと思いました。ちゃんと表裏があった⽅が⼈間らしいですしね(笑)。夏歩はその裏表の落差が激しいですが、楽しんで演じられたらいいなって思いました。あとは、共演者の皆さんとのやりとりを楽しめればいいなって。皆さん、濃いので楽しいです。私も皆さんにお芝居を引き出していただいている感じで刺激的でしたし、全⼒で演じさせていただきました。

Q.第5話の脚本・監督を担当する⼤九明子監督と趣里さんは、過去に何度もタッグを組んでいます。⼤九監督は、趣里さんにとってどんな存在ですか︖
映画のオーディションで出会って以来、⼤九さんが引っ張ってくださった感覚がずっとあって…。この間も⼀緒にご飯を⾷べに⾏きましたし、メールのやりとりもさせてもらっているんです。私にとって⼼の⽀えです︕ ⼤九さんは現場でめちゃくちゃカッコよくて、ずっと憧れの存在なんですけど、今回は“特にカッコいい⼤九監督”でした。

Q.第5話の撮影中、印象に残っているエピソードを教えてください。
撮影初⽇がものすごく暑い⽇で、オダギリ(ジョー)さんが差し⼊れてくださったかき氷を、3杯⾷べました(笑)︕ おいしかったです。おかげで、エンジンがかかりました。オダギリさん、本当にありがとうございます。今回が初めましてでしたが、緊張していた私を⾃然体で迎えて馴染ませてくださる、とても素敵な⽅で、ますます尊敬しました。すごくチャーミングな麻生(久美子)さんや、本当に話しやすくてかわいい吉岡(里帆)さんとも、また共演することができてうれしかったです︕

【第5話あらすじ】
刑事課の彩雲真空(吉岡里帆)はある⽇、SNSで知り合った“親友”・夏歩(趣里)から“ある時効事件”の捜査を依頼される。何を隠そう、夏歩の⽗親は“伝説のコント師”と呼ばれた超⼈気お笑いコンビのメンバーで、1994年にラジオの⽣放送中に死亡した村瀬ベルギーワッフル(⽔川かたまり)。極度のアレルギー体質だった村瀬の死因はアナフィラキシーショックで、実際に胃の中からソバの成分も検出されていた。しかも村瀬は当時、相⽅・栗原くりごはん(鈴木もぐら)との関係が最悪の状態。よって栗原による意図的な殺⼈も疑われたが、⽣放送中の犯⾏は不可能であり、“衆⼈環視の中で起きた密室殺⼈事件”は犯⼈不明のまま時効を迎えていた――。
しかし、夏歩は栗原が犯⼈だと確信。栗原の話になると、普段のかわいい⼥⼦っぷりから想像もつかない邪悪度MAXな顔を⾒せるほど、憎悪の念を⽇々ふくらませていたのだ︕ そんな“親友”のために⼀肌脱ぎたくてたまらない彩雲は、霧⼭修⼀朗(オダギリ ジョー)に相談。興味を持った霧⼭は助⼿の三⽇⽉しずか(麻生久美子)や、意外にもお笑いに詳しい同僚・サネイエ(江口のりこ)も巻き込み、“趣味の捜査”を開始することに。ひとまず事件当⽇のラジオ⾳源を聴いてみると、お世辞にも⾯⽩いとは⾔えない栗原の持ちギャグを、突如繰り出そうとする村瀬の様⼦が残されており…!?
ところが夏歩は、村瀬が栗原のつまらないギャグを⾔うはずがないと主張。⼀⽅、村瀬の死因がどうにも引っかかる霧⼭は、密室の中にいた唯⼀の⼈間である栗原に話を聞こうとするが…。

ドラマ『時効警察はじめました』

毎週金曜 午後11:15~ テレビ朝日系

脚本・監督:大九明子
音楽:坂口 修
主題歌:椎名林檎『公然の秘密』(EMI Records/ユニバーサルミュージック)
ゼネラルプロデューサー:横地郁英(テレビ朝日)
プロデューサー:大江達樹(テレビ朝日)、山本喜彦(MMJ)
制作:テレビ朝日、MMJ

キャスト:オダギリ ジョー、麻生久美子、吉岡里帆、豊原功補、ふせえり、磯村勇斗、江口のりこ、緋田康人、光石 研、岩松 了 ほか
ナレーション:由紀さおり

第5話ゲスト:趣里、鈴木もぐら(空気階段)、水川かたまり(空気階段)

趣里、オダギリ ジョー主演ドラマ『時効警察はじめました』に吉岡里帆の親友役でゲスト出演決定!は、【es】エンタメステーションへ。

TOPICS

ランキング

ジャンル