top_line

高畑充希主演ドラマ「同期のサクラ」第6話あらすじ

モデルプレス

【モデルプレス=2019/11/13】女優の高畑充希が主演を務める日本テレビ系水曜ドラマ「同期のサクラ」(毎週水曜よる10:00~)の第6話が13日、放送される。

高畑充希/「同期のサクラ」第6話より(C)日本テレビ
◆高畑充希主演「同期のサクラ」

同作は、主演に高畑、脚本に遊川和彦氏を迎え、「過保護のカホコ」の制作チームが再結集して制作されるオリジナルドラマ。過疎の離島で育ち、故郷の島に橋をかけるという夢のためにどんなときも自分を曲げず、忖度できない主人公・北野サクラ(高畑)が、ゼネコンの花村建設に入社し、同期たちと出会った2009年の春から10年間を1話ごとに1年ずつ描いていく。

高畑充希/「同期のサクラ」第6話より(C)日本テレビ
◆「同期のサクラ」第6話あらすじ

2019年、10月―。サクラ(高畑)の病室に訪れたすみれ(相武紗季)は、中学生になった娘・つくしの写真を手に、眠るサクラに感謝の気持ちを伝えていた。

高畑充希、相武紗季/「同期のサクラ」第6話より(C)日本テレビ
2014年10月。サクラは花村建設の子会社に飛ばされ、夢から遠ざかったことを故郷の祖父(津嘉山正種)に打ち明けられないまま、社会人6年目を迎えていた。相変わらず信念を曲げずに日々を過ごしているように見えるサクラだが、その心には少しずつ迷いが生じていた。

相武紗季、高畑充希/「同期のサクラ」第6話より(C)日本テレビ
一方、サクラのことを気にかけつつも、8歳の娘の子育てと仕事の両立に追われる人事課のすみれは、黒川(椎名桔平)から有名評論家・椿美栄子を招いての講演会“女性研修セミナー”の仕切りを丸投げされる。働く女性を応援する本を数多く執筆している椿だが、実は理不尽で細かい要望が多く面倒な人物。しかし社長(西岡德馬)と仲が良いため、粗相は許されないと黒川からプレッシャーをかけられる。

高畑充希、粟野咲莉/「同期のサクラ」第6話より(C)日本テレビ
数日後。椿のマネージャー・米田との打ち合わせを控え、広報の百合(橋本愛)のほか、サクラも子会社の代表としてセミナーのプロジェクトチームに参加することに。わざわざ女性だけが集まって研修をすることに疑問を感じるサクラだが、百合は立場が違う女性同士がまず理解し合う必要があると主張する。

その後、米田を交えた打ち合わせが始まる。余計なことを言わないようすみれから釘を刺され必死に我慢するサクラだが、『公演後の質問は受け付けない』という理不尽な要求に黙っていられず、米田を怒らせてしまい、タイミング悪く社長が現れてしまう。

粟野咲莉、相武紗季/「同期のサクラ」第6話より(C)日本テレビ
打ち合わせ後、エレベーターでサクラと2人きりになった百合は、いつもと違う元気のないサクラを見て、この機会にプライベートを充実させないかと合コンに誘う。そこに土木部に異動して生き生きと働く葵(新田真剣佑)が乗って来る。1年前の一件から密かにサクラに想いを寄せる葵は、合コン話に焦りつつ、それとなく恋愛事情を探るが、サクラは今は誰とも付き合う気は無いと頑なな態度。

その夜、すみれからの電話でプロジェクトチームから外されたことを告げられたサクラは、肩を落としていつもの喫茶店へ向かう。先に来ていた菊夫(竜星涼)は、蓮太郎(岡山天音)にけしかけられサクラをデートに誘おうとする。

粟野咲莉/「同期のサクラ」第6話より(C)日本テレビ
講演会が近づくにつれ、すみれは米田からの講演とは直接関係ないような細かい要望に追われ頭を抱える。さらに、娘のつくしが同級生を殴ったと急遽学校からも呼び出されてしまう。周囲の理不尽な扱いに我慢できずに手を上げてしまったという娘に、会社でのサクラの姿を重ねたすみれは「人はいつまでも自分の好きなように生きられない」とつくしを叱る。

相武紗季/「同期のサクラ」第6話より(C)日本テレビ
仕方なくつくしを連れて仕事に戻ったすみれだが、米田と椿の前でペコペコする母の姿を見たつくしは、すみれを遠ざけるようになってしまう。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル