top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

松雪泰子の「男気」に永野芽郁が感謝「私がいるから大丈夫」

SmartFLASH

 

 松雪泰子が、11月9日放送の『土曜スタジオパーク』(NHK総合)で過去の大失敗を明かした。

 

 松雪は「舞台開演直後にいきなり骨折した」と告白。舞台『髑髏城の七人』でつまづいてしまったが、「気合いで(乗り切った)。筋肉でカバーした」と女優魂で舞台を完遂したことを明かした。

 

広告の後にも続きます

 

 そんな松雪について、連続テレビ小説『半分、青い。』で共演した永野芽郁がVTRでコメント。永野は自身の母親役を演じた松雪について「男気がある。『私がついているから大丈夫、助けるから。守るから』って言ってくれた。そんな女性に私もなりたい」と感謝していた。

 

 松雪は「今年のお正月も一緒にウチでご飯食べました」と永野を本当の娘のようにかわいがっている。松雪が2001年に出産した娘も永野と同世代で、その娘からは「かあちゃん」と呼ばれているという。子育てについては「本人の意志に委ねて、自立を促して、選択肢をいくつか出して、『自分でチョイスしてね』って。その代わり責任は自分次第だよって」と語っていた。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル