top_line

「ブラック・ウィドウ」単独映画公開日決定 「アベンジャーズ/エンドゲーム」での“決断”の背景も…?

アニメ!アニメ!

「ブラック・ウィドウ」単独映画公開日決定 「アベンジャーズ/エンドゲーム」での“決断”の背景も…?

『アベンジャーズ/エンドゲーム』で衝撃の決断を下した“ブラック・ウィドウ”の単独映画『ブラック・ウィドウ』が、全米と同日の2020年5月1日から公開決定。マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギらは、「『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の直後の時代を背景に、ナターシャの因縁の地であるブタペストが舞台のひとつとなる」と明かしている。

『ブラック・ウィドウ』の主人公のブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフは、万能な戦闘スキルとタフな精神を身につけた世界最高のエージェントであり、過酷な訓練によって育てられたスパイにして超一流の暗殺者。
『アイアンマン2』(2010年)で映画作品への初登場を果たし、以降はアベンジャーズの一員として『アベンジャーズ』(2012年)、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年)、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年)、そして『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年)と計7作で活躍を見せた。

ブラック・ウィドウの単独映画『ブラック・ウィドウ』では、彼女の過去と秘密をはじめ、『アベンジャーズ/エンドゲーム』での衝撃の決断に至る背景が明らかに。マーベル・スタジオ社長のケヴィンらは、“『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の直後の時代を背景に、ナターシャの因縁の地であるブタペストが舞台のひとつとなること”、さらに、新キャラクターでありナターシャの妹分とされているエレーナの登場などを示唆している。

また、11月22日~11月24日まで開催の「東京コミックコンベンション2019(略称:東京コミコン2019)」内マーベルブースでは、限定ポスターが6,000枚日本初配布。限定ポスターには、棒状の武器を携え、赤いリップと正面を見据えた視線が印象的なブラック・ウィドウ、そして、今作のメインの敵となると言われる謎のヴィラン、タスクマスターの姿が。そのほかにも、劇中での活躍に注目が集まる新キャラクターたちが収められている。

映画『ブラック・ウィドウ』は2020年5月1日、日米同時公開。

監督:ケイト・ショートランド
出演:スカーレット・ヨハンソン、レイチェル・ワイズ
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

(C)2019 MARVEL

TOPICS

ランキング

ジャンル