top_line

ジェームズ・ボンドが名探偵、キャプテン・アメリカがろくでなし!? ロッテントマト99%を記録した話題作が来年1月31日公開決定!

エンタメステーション

ジェームズ・ボンドが名探偵、キャプテン・アメリカがろくでなし!? ロッテントマト99%を記録した話題作が来年1月31日公開決定!

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督が、アガサ・クリスティーに捧げて脚本を執筆したオリジナル作品『KNIVES OUT』(原題)が邦題『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』として、2020年1月31日(金)より日本公開されることが決定。併せて、海外版予告第二弾と場面写真が解禁された。

本作には、「007」シリーズのダニエル・クレイグ、「アベンジャーズ」シリーズのクリス・エヴァンスを筆頭に、オスカー俳優クリストファー・プラマー、アナ・デ・アルマス、ジェイミー・リー・カーティス、トニ・コレット、ドン・ジョンソン、マイケル・シャノンら豪華キャストが結集。本年9月に「トロント国際映画祭」で初披露されるや、米レビューサイト、ロッテントマトで驚異の満足度99%を記録(10/29時点)、「楽しすぎて、脳みそが、痛い」(The Huffington Post)、「今年No.1、抜群に面白い」(Mashable)、「アガサ・クリスティーの現代版、超最高!」(Rolling Stone)、「本当にハラハラ!」(Guardian)、「大爆笑!」(Games Radar)などメディアから激賞レビューが続々と寄せられている話題作だ。

ニューヨーク郊外の大豪邸で起こった殺人事件の捜査シーンから始まる海外版予告編第二弾は、世界的ミステリー作家ハーラン・スロンビー(クリストファー・プラマー)が、85歳の誕生日パーティーの翌朝、遺体で発見される。刑事と匿名の依頼を受けた名探偵ブノワ・ブラン(ダニエル・クレイグ)の登場に、「家族を疑っているんだろう」「ツイッターの有名人ね!」「自殺なのに、なせここに?」とすかさず噛み付く家族たち。「人は焦ると…“ナイフ”を突きつけてくる」と殺しの匂いを察したブランは捜査を開始する。

キャプテン・アメリカ役で世界的な人気を誇るクリス・エヴァンスが演じるのは、家族の中で“ろくでなし”扱いされている問題児。彼が発した「クソが!」というひと言をきっかけに、堰を切ったかのように家族入り乱れての罵声が飛び交う。それもそのはず、第一容疑者は、屋敷にいた秘密だらけのワケあり家族なのだ! 殺したのはいったい誰なのか――世界が湧いた空前絶後の騙し合いの幕があく!

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』

2020年1月31日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開
※米公開:11月27日

監督&脚本:ライアン・ジョンソン
出演:ダニエル・クレイグ、クリス・エヴァンス、アナ・デ・アルマス、ジェイミー・リー・カーティス、トニ・コレット、ドン・ジョンソン、マイケル・シャノン、キース・スタンフィールド、キャサリン・ラングフォード、ジェイデン・マーテル、クリストファー・プラマー
提供:バップ、ロングライド
配給:ロングライド

オフィシャルサイト
longride.jp/knivesout-movie

ジェームズ・ボンドが名探偵、キャプテン・アメリカがろくでなし!? ロッテントマト99%を記録した話題作が来年1月31日公開決定!は、【es】エンタメステーションへ。

TOPICS

ランキング

ジャンル