top_line

11月11日の習慣【中国】

ワウネタ海外生活

多くの場所で始まる激安ショッピング

毎年、11月に入ると多くの若者がネットに集中しはじめます。それもそのはず、11月11日は、「狂歡節」(クァン・ファン・ジエ)といって、中国あげての格安ショッピングが始まるのです。スタートは夜の12:00ジャスト。

日付が変わって11日になった途端、インターネットでいろいろなものが格安で変えるのですが、人気を呼んでいるのは「秒殺」(ミャオ・シャー)。1秒を争って早押しし、勝った人だけが特別な価格でものを購入できるというシステムのものです。その中には、洋服や食品などが多く、高価なものが1元(16日本円)ほどで購入できることも。

ただ、遊び感覚でボタンを押す人も多いので、不要なものまで購入してしまうという落とし穴があります。また、クーリングオフができることから、11月11日の安い時期にたくさんのものを購入して、気に入らなかったら返品という人も。中には、会社を休んで、1日中、ネットで買い物を楽しんでいる人もいます。

また、ネット販売だけでなく、ほとんどのデパートや大型専門店もこのシステムを取り入れているので、本当に必要なものがある人は、かなりお得に買い物ができます。

TOPICS

ランキング

ジャンル