top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

「カルテット」の坂元裕二氏がドラマアワードで脚本賞受賞「最高の演技を見せてくださった4人にはただただ敬服」

music.jp|テレビ・映画

「カルテット」の坂元裕二氏がドラマアワードで脚本賞受賞「最高の演技を見せてくださった4人にはただただ敬服」(C)music.jp|テレビ・映画 オリコンが質の高いドラマを表彰する“第7回『コンフィデンスアワード・ドラマ賞』”の各賞が発表され、脚本賞を坂元裕二氏(「カルテット」 TBS系)が受賞したことが明らかになった。

『コンフィデンスアワード・ドラマ賞』は、株式会社oricon ME発行の週刊エンタテインメントビジネス誌「コンフィデンス」主催のもと、主な国内ドラマを対象に有識者と視聴者が共に支持する“質の高いドラマ”を表彰するもの。今回の審査対象は2017年1月期の主な地上波ドラマの計29作品で、今期よりNHK連続テレビ小説、NHK大河ドラマ、2クールにわたりオンエアされるシリーズ作品なども終了クールの対象作品とし、「オリコン・モニターリサーチ」の登録者を対象とした視聴者満足度調査「オリコンドラマバリュー」の結果と、ドラマに関連する有識者およびマスコミのドラマ・テレビ担当者(審査員)の意見をもとに、2017年4月7日開催の審査会で各賞が決定した。

脚本賞は「カルテット」の坂元裕二氏が受賞。坂元氏は2016年1月期放送のドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(CX系)で「第3回ドラマ賞」脚本賞を獲得して以来、2度目の受賞となる。会話劇を中心としたオリジナルストーリーで、緻密な設定と心に残る台詞の数々、“から揚げにレモン”などの伏線が各話に散りばめられ、放送後にはSNSやネットでその深読みや論争が繰り広げられた「カルテット」。審査員からは「坂元作品はセリフの1つひとつがすでに文学。魂の宿ったセリフが随所にちりばめられた同作は坂元作品のまさに真骨頂」(影山貴彦氏)、「間違いなく彼の代表作の1つになると思う」(岡室美奈子氏)などの賛辞が寄せられた。

また、「毎回2、3回繰り返して観てしまうほどだった」(40代女性/京都)というように、録画して物語をじっくり噛みしめていた視聴者や、「『カルテット』を観ている知り合いと、毎週セリフの話で盛り上がった。改めて彼の脚本のすごさを思い知らされた」(堀井憲一郎氏)、「毎週火曜日、放送後に2回録画を観たほど、セリフが秀逸。無神経に人を傷つける言動、言葉は刃なんだなと教えてくれた気もしている」(吉田潮氏)など、同作にのめり込んだという審査員も多かった。

脚本賞受賞を受けて、坂元裕二氏は「評価していただけたのはスタッフとキャストに恵まれた結果です。素晴らしいキャストに出演していただけたので、何よりもお芝居そのものの魅力を引き出せるようにと考えました。弦楽器の演奏という非常に高いハードルを越えながら、最高の演技を見せてくださった4人にはただただ敬服しております」とコメントしている。

その他、第7回『コンフィデンスアワード・ドラマ賞』の詳細については、受賞者動画コメントの配信も行われている公式サイトを参照されたい。

■脚本賞受賞・坂元裕二氏(「カルテット」)コメント

とても身に余る光栄な賞をいただき、嬉しく思っています。
評価していただけたのはスタッフとキャストに恵まれた結果です。
素晴らしいキャストに出演していただけたので、何よりもお芝居そのものの魅力を引き出せるようにと考えました。
弦楽器の演奏という非常に高いハードルを越えながら、最高の演技を見せてくださった4人にはただただ敬服しております。
これを糧とし、また面白い連続ドラマを作れるように頑張りたいと思います。

■第7回『コンフィデンスアワード・ドラマ賞』

http://confidence-award.jp/

■火曜ドラマ『カルテット』|TBSテレビ

http://www.tbs.co.jp/quartet2017/

TOPICS

ランキング

ジャンル