top_line

玉森裕太と冨永愛、美食イベントに招待され特別料理を堪能「厨房を覗いてみたかった」『グランメゾン東京』

テレビドガッチ


木村拓哉主演の日曜劇場『グランメゾン東京』(TBS系、毎週日曜21:00~)に出演中の玉森裕太と冨永愛が、先日行われた美食の饗宴「10 STARS 10 HANDS」に招待され、日本酒と合う特別料理を堪能した。

「10 STARS 10 HANDS」とは、モナコ、パリ、ロンドンの三都市で三つ星を獲得したフランス料理界の巨匠、アラン・デュカス氏の名を冠するレストランのシェフ5名による美食のイベント。デュカス氏とファッションブランド・シャネルとのコラボによって2004年に「シャネル銀座ビルディング」の最上階に誕生したフレンチレストラン「ベージュ アラン・デュカス 東京」が舞台となった。イベント名は5人のシェフのミシュランの星の総獲得数に由来する。

一方、『グランメゾン東京』は、これまで12年連続でミシュランの三つ星を獲得した「カンテサンス」や、フランス・パリで最も予約が取れないことで知られる「ランブロワジー」など、世界最高峰のレストランが協力・監修。今回、ドラマの“フランス料理をテーマとし、多くの方々へ共感を呼んでいる”という部分が評価され、平古祥平を演じる玉森と、リンダ・真知子・リシャールを演じる冨永がイベントに招待された。

玉森は、日本各地から取り揃えた日本酒と合う特別料理を楽しみ、「このような会に参加する経験が全く無かったので、少し緊張しましたが(笑)、本当に全ての料理が素晴らしく、感動しました。ミシュランの星を持つシェフの皆様が手掛ける料理は、こんなにも違うものなのかと圧倒されましたし、役の感覚を通しながら食べて楽しむことができました」と大満足。また、「欲を言うと、厨房を覗いてみたかったです(笑)。きっと戦場のようになっていたのだろうなと思います」と探究心を覗かせ、最後はシェフやスタッフへの感謝を伝えていた。

同じくシェフたちの料理に舌鼓を打った冨永は、「本当に美味しかったです。フレンチと日本酒というコラボレーションの試みもすごく面白かったと思います。普通はワインのところを、日本酒とペアリングしていて、あまりにも合うのでつい飲み過ぎてしまいました(笑)」とニッコリ。今回ドラマに参加したことで、今までになかった料理の楽しみ方ができるようになったと明かし、「リンダという役に、この体験を良い形でフィードバックしながら、この後の撮影にも臨んでいきたいと思います」と意気込んだ。

なお今回、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で独占配信中のオリジナルストーリー「グラグラメゾン東京 ~平古祥平の揺れる思い~」の第4話の撮影をイベント会場となった「ベージュ アラン・デュカス 東京」で敢行。第4話は、11月10日(日)深夜に配信される。

<第4話あらすじ>
いよいよプレオープンを迎えることになったグランメゾン東京。だがそこに急遽、「マリ・クレールダイニング」の編集長・リンダ(冨永)が来ることに。彼女は世界的にも名声が高く、彼女の評価一つで店の今後が決まってしまうほどの影響力があった。やる気を燃やす尾花(木村)に対し、緊張と不安が高まる倫子(鈴木京香)。

そんな中、尾花は突然、デザートを作り直すと言い出す。コースの最後を締め括るデザートはとても重要で、リンダを納得させるためには完璧なものを目指さなくてはいけない。さっそく尾花と京野(沢村一樹)は、祥平(玉森)の働くホテルに向かう。そこで尾花がスカウトしたのは、萌絵(吉谷彩子)だった。

萌絵はさっそく試作品を作るが、尾花と倫子は却下する。萌絵と尾花はそれぞれ栗を使ったデザートを作り、どちらがおいしいか対決することに。その話を聞いた祥平は、萌絵のデザート作りを手伝う。

刻々と近づくプレオープン。尾花たちはリンダが認めるデザートを完成させることができるのか? そしてグランメゾン東京は無事オープンを迎えることができるのか。

TOPICS

ランキング

ジャンル