top_line

今季中にトレード移籍した選手はチームに貢献できたのか?

週刊ベースボールONLINE

 2019年シーズン開幕から7月31日の補強期間終了までにトレード移籍した選手は17人。中には巨人から楽天に移籍した和田恋や、中日からオリックスに移籍したスティーブン・モヤなど、今後チームの主力に成長する可能性のある選手もいた。では、こうしたシーズン中にトレード移籍した選手たちは、どのような成績を残したのだろうか?

移籍後に活躍した選手は少ない!


 2019年シーズン中にトレード移籍した選手の「移籍してからの成績」を、移籍が早かった順にまとめてみた。

●3月29日

・熊原健人(DeNAから楽天に移籍)
登板:1
勝利:0
敗北:0
セーブ:0
ホールド:0
ホールドP:0
投球回:3.1
失点:2(自責点2)
防御率:5.40

・濱矢廣大(楽天からDeNAに移籍)
登板:2
勝利:0
敗北:1
セーブ:0
ホールド:0
ホールドP:0
投球回:1.2
失点:6(自責点6)
防御率:32.4


日本ハム・吉川光夫

●6月28日

・吉川光夫(巨人から日本ハムに移籍)
登板:4
勝利:0
敗北:3
セーブ:0
ホールド:0
ホールドP:0
投球回:10.2
失点:8(自責点8)
防御率:6.75

・宇佐見真吾(巨人から日本ハムに移籍)
試合:45
打数:96
安打:19
本塁打:0
打点:9
盗塁:0
打率:.198

・藤岡貴裕(日本ハムから巨人に移籍)
登板なし


巨人・鍵谷陽平

・鍵谷陽平(日本ハムから巨人に移籍)
登板:27
勝利:0
敗北:2
セーブ:0
ホールド:6
ホールドP:6
投球回:27
失点:11(自責点9)
防御率:3.00


オリックス・モヤ

●7月2日

・スティーブン・モヤ(中日からオリックスに移籍)
試合:64
打数:242
安打:59
本塁打:10
打点:35
盗塁:0
打率:.244

・松井雅人(中日からオリックスに移籍)
試合:24
打数:36
安打:7
本塁打:0
打点:2
盗塁:0
打率:.194

・松井佑介(中日からオリックスに移籍)
試合:7
打数:18
安打:6
本塁打:1
打点:1
盗塁:0
打率:.333

・松葉貴大(オリックスから中日に移籍)
登板:1
勝利:0
敗北:0
セーブ:0
ホールド:0
ホールドP:0
投球回:2.2
失点:3(自責点3)
防御率:10.13

・武田健吾(オリックスから中日に移籍)
試合:29
打数:35
安打:5
本塁打:0
打点:1
盗塁:0
打率:.143


楽天・下水流昂

●7月4日

・下水流昂(広島から楽天に移籍)
試合:50
打数:88
安打:22
本塁打:2
打点:6
盗塁:0
打率:.250

・三好匠(楽天から広島に移籍)
試合:43
打数:77
安打:14
本塁打:2
打点:7
盗塁:1
打率:.182

●7月5日

・石崎剛(阪神からロッテに移籍)
登板:2
勝利:0
敗北:0
セーブ:0
ホールド:0
ホールドP:0
投球回:2
失点:2(自責点2)
防御率:9.00

・高野圭佑(ロッテから阪神に移籍)
登板:4
勝利:0
敗北:0
セーブ:0
ホールド:1
ホールドP:1
投球回:5.2
失点:4(自責点3)
防御率:4.76


楽天・和田恋

●7月8日

・和田恋(巨人から楽天に移籍)
試合:31
打数:107
安打:27
本塁打:2
打点:11
盗塁:0
打率:.252

・古川侑利(楽天から巨人に移籍)
登板:3
勝利:1
敗北:1
セーブ:0
ホールド:0
ホールドP:1
投球回:5
失点:4(自責点4)
防御率:7.20

 移籍後にチームに貢献した選手は、まずは中日からオリックスに移籍したスティーブン・モヤが挙げられる。終盤は失速したが、途中加入ながら2ケタ本塁打を達成。1988年に中日から近鉄に移籍して活躍したラルフ・ブライアントまでとはいかないものの、貧打にあえぐチームの中で一応の結果は残した。

 大活躍とはいえないが、日本ハムから巨人に移籍した鍵谷陽平も、要所で好投を見せチームに貢献した選手。令和最初のトレードで移籍した鍵谷は、主にセットアッパーで起用され、8月は12試合に登板して月間防御率0.93を記録。特に広島戦と中日戦では抜群の投球を披露した。

 反対に思ったほどの結果が残せなかったのが、巨人から移籍した和田恋だろう。打撃力の高さから巨人では有望視されていた若きスラッガーで、楽天でも活躍が期待されていた。しかし、楽天では31試合の出場にとどまり、打率.252、本塁打2本と物足りない成績に終わった。8月25日の西武戦ではプロ初の4安打を記録したが、同月27日のロッテ戦以降不振に陥り登録抹消。そのままシーズンを終えた。

 こうして振り返ってみると、シーズン中にトレード移籍した選手が活躍するのは難しいようだ。ただ、ヤクルトに移籍した翌年に最優秀中継ぎのタイトルに輝いた近藤一樹など、次の年に目覚ましい活躍を見せる例もある。現在のところ、2019年シーズン中にトレード移籍した選手はすべて残留。勝負の年となる移籍2年目の活躍を期待したい。

文=中田ボンベ@dcp 写真=BBM

TOPICS

ランキング

ジャンル