top_line

ビクターブランドから木の振動板を使ったイヤホンの新世代上級モデル登場

もっとエンタメ

 音響や通信機器のJVCケンウッド(横浜市)は、ビクターブランドのイヤホン「HA-FW1500」を、11月上旬に発売する。独自開発の木を素材にしたウッドドーム振動板の最新タイプを採用したシリーズの最新上級モデルで、ハウジング部には伝統の“犬のマーク”があしらわれている。価格はオープンで、店頭などでは6万円前後(税別)が想定されている。

 同社では長年、木の振動板を使ったスピーカー、ヘッドホン/イヤホンを販売している。HA-FW1500は、先のシリーズ最上位モデルHA-FW10000で開発された最新タイプのウッドドームカーボン振動板を採用。自然な音色が得られるカバ材を薄く削り出したドームにカーボンコーティングしたPET振動板を組み合わせることで、振動板としてより最適化。ハウジング内部も不要な音の拡散させ、空気の流れを制御して振動板の正確な動きをサポ―トする設計としている。

 ケーブルはMMCXコネクターによる着脱式で、ケーブル自体も本体からプラグまでを完全に分離して、左右の干渉を抑えるなどの高音質化を行き渡らせている。主な仕様は、再生周波数帯域6Hz~52kHz、インピーダンス16Ω、感度103dB、最大入力200mW、重さ約15g(ケーブル含まず)。

TOPICS

ランキング

ジャンル