top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「お泊りで喋りすぎない女性」が一番愛される?その理由とは

愛カツ

そこで無理に甘えてしまうと、「相手するのが面倒だから理由をつけて帰ってもらおうかな」などと思われてしまう場合もありますよ。

とにかく寝たい派の男性

「射精した後って体から力が抜けるので、トイレやシャワーに行くのすら面倒になることも。ちょっと寝ると復活するので、放置が嬉しいです」(26歳/IT関係勤務)

そういう男性に対して、濡らしたタオルで汗を拭ってあげるという彼女の話を聞いたことがありますが、そこまで奉仕するのはなかなかできませんよね。

すぐに寝てしまう彼の場合は、寂しいと感じてもそこで邪魔せず寝かせてあげるのが一番喜ばれるでしょう。

女性に合わせられる男性

「僕は特に賢者タイムってないので、終わった後に彼女と一緒にお風呂に入って、その後腕枕して……と付き合うのも全然平気ですよ」(31歳/内装関係会社勤務)

広告の後にも続きます

賢者タイムって、女性の生理痛と同じで個人差も大きいものだと考えると分かりやすいかもしれないですね。

もし彼が賢者タイムが殆どない人だったら思う存分甘えれば良いですし、復活するのに時間がかかるタイプなら気にせず自分の好きなことをして過ごしましょう。

喋りすぎると「もう会いたくない」になる場合も!

“賢者タイム”の間は、あれほど触りたかった女性の肌すら「触れられると嫌になる」という人もいます。

でも、それって愛情とは無関係なので「そういうものだ」と思ってスルーしてあげるのが正解です。

そこで自分の欲求を押し付けるよりも、彼のタイプを見極められる女性のほうが「またすぐ会いたい」と思われやすいですよ。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル