top_line

アメリカ女子代表FW、来年4月に出産予定も東京五輪出場に意欲。「母国の代表として…」

フットボールチャンネル

アメリカ女子代表FW、来年4月に出産予定も東京五輪出場に意欲。「母国の代表として…」

 アメリカ女子代表のエースであるFWアレックス・モーガンは先月23日、自身のツイッターで第一子を妊娠したことを発表した。来年の4月に出産予定だが、東京五輪出場に意欲を示しているという。フランス『レキップ』などが現地時間の7日に報じた。

 現在30歳のモーガンは、大学時代から交際していたロサンゼルス・ギャラクシー所属のセルバンド・カラスコと2014年12月31日に結婚。第一子となる女の子の出産予定は来年の4月であるという。

 出産予定日が東京五輪の3ヶ月前ということもあり、モーガンの東京五輪出場は微妙という声も上がっていた。だが、モーガン本人は意欲的であり、アメリカメディアなどに次のように話した。

「プレーするのは私のゴール。もちろん(出場するかしないか決断する)デッドラインはとても短い。でも、できるなら私は母国の代表としてそこに立ちたい」

 モーガンは出産後も選手として東京五輪に出場することを目指している。東京五輪でアメリカ女子代表のエースのプレーを見ることはできるのだろうか。

TOPICS

ランキング

ジャンル