top_line

『ポケモン ソード・シールド』ポケモンの育成がガチで楽になる神仕様がすごい!昔と比べてみた

インサイド

『ポケモン ソード・シールド』ポケモンの育成がガチで楽になる神仕様がすごい!昔と比べてみた

『ポケットモンスター ソード・シールド』では新たな世界であるガラル地方を冒険できたり、あるいはポケモンたちが巨大化する「キョダイマックス」など新システムが用意されていますが、そのほかにも注目すべき大きな要素があるのです。

それは「ポケモンの育成を楽にするアイテムやシステムの数々」。本当にこれは神仕様といえるくらいに気が利いていて、往年のポケモントレーナーは涙を流しかねないのです。どれほどすごいのか見ていきましょう。

◆ミントで擬似的に性格変化
ポケモンたちには性格という要素があり、それによって能力値に補正がかかります。たとえば「ひかえめ」であれば特攻が1.1倍になり、逆に攻撃が0.9倍になるなど。この補正は対戦で非常に重要なので、ポケモンの育成をする際にはまず「そのポケモンをどの性格にするか」ということを決めなければなりません。

さらにこれまでは後天的に性格を変えることは不可能だったので、ポケモンを捕まえる・孵化させる段階でこれを固定する必要がありました。伝説のポケモンであれば捕まえる際に、目当ての性格で特性「シンクロ」を持つポケモンを先頭に置いて狙いの性格を厳選する必要があったわけです(シンクロには性格が同じになりやすい効果がある)。

しかし伝説のポケモンはストーリー進行上捕獲必須であることも多く、それを対戦で使いたいのであれば、冒険の途中にも関わらず「シンクロ要因を確保(最低でも数種類はほしい)→その後厳選」という流れをしなければならず、とにかく面倒だったわけです。

『ポケモン ソード・シールド』では「ひかえめミント」、「おっとりミント」などのミント系アイテムが登場します。これはポケモンの性格を変えることはないものの、補正値を該当の性格のものに変更することが可能。つまりもう捕まえる・孵化させるポケモンの性格は気にしなくていい、ということですね。

◆えいようドリンクだけで基礎ポイント上げが可能
ポケモンには基礎ポイントという要素があります。これはユーザーから「努力値」と呼ばれている値で、要するにバトルを経験していくうえで自然に成長していく能力値ということになります。

これを上げるのもなかなか大変で、たとえば初代であれば1000匹近くのニドラン♂と戦う必要がありました。昨今は割と楽になったものの、それでも「ポケルスに感染させ、専用のアイテムを装備して、必要な基礎ポイントを計算し、一定数の敵を倒す」というこれまたメンドクセエとしか言えない作りでした。

しかし今後は「タウリン」や「インドメタシン」といったえいようドリンクで基礎ポイントをマックスまで上げることができます。最高です。なぜ最初からこうでなかったのか、と思うくらいに。

◆レベル上げはけいけんアメで
これまでアイテムでポケモンのレベルをあげるには「ふしぎなアメ」くらいしか選択肢がなく、さらにこれはレアなアイテムとなっていました。つまり対戦用のポケモンを鍛えるには、ふつうにレベル上げをする必要があったわけですね。

レベル上げのしんどさは作品によりけりで、自爆するハピナスを眺めるだけのこともあり、四天王を何度も周回しなければならないときもあり。このあたりの手間を省けるようになるのが「けいけんアメ」という新アイテムです。

これはマックスレイドバトルなどで入手でき、任意のポケモンに自由に与えることができます。レベル上げも地味に面倒なので、本当にありがたい仕様です。

◆タマゴわざは預けるだけで伝わる
そもそもポケモンが好きだという人でも「タマゴわざ」は知らない、という人も多いのではないでしょうか。これは同じタマゴグループ同士のポケモンの間で特定の技が子供に引き継がれるという仕様で、「世界的ゲームでこんなに面倒なものがあっていいのか」と思えるほど大変な要素でした。

特定のポケモンに覚えさせたいタマゴわざがあった場合、同じタマゴグループから逆引きしてそれを覚えるポケモンを探し、何度もタマゴを作らせて目的のポケモンに遺伝させる、というプロセスが必要でした。もちろん、タマゴわざを覚えさせたあと性格の厳選や前述の育成も待っているわけで……。やれやれという感じですね。

しかし本作からは同じ種類のポケモン2匹をあずかりやに預けると、片方のタマゴわざが相手に伝わるそうなのです。「同じ種類のポケモン」の定義によりますが(同タマゴグループか同種限定なのか)、多少は楽になりそうです。

◆ニックネームを気にしなくていい
本作から、人からもらったポケモンのニックネームが設定されていない場合、1度だけ自分で変えることができるようになりました。これも地味に嬉しいところ。

今まで他人からもらったポケモンの名前はいじれなかったので、「あえてデフォルトにする」ケースもあれば、「きちんとニックネームをつけてあげる」人もいたりで、さらにそれぞれで好みがあるので交換前に「ニックネームどうする?」なんて相談する必要があったりで、もう本当にめんどくさかったわけですね。しかしこれなら、とりあえずデフォルトにしておけば安心です。

◆気になるのは“個体ごとの能力”がどうなるのか
これらにより育成が格段に楽になるのは間違いありませんが、気になるのは“個体ごとの能力”がどうなるか、です。ポケモンは個体ごとに能力値に差異があり、ユーザーはその数値を「個体値」と呼んでいます。

たとえば『ポケモン サン・ムーン』では「きんのおうかん」などを使って個体ごとの能力をマックスにすることができましたし、『ポケモン Let's Go! ピカチュウ・イーブイ』では同じポケモンを連続で捕まえることにより個体値が上昇する、というシステムが用意されていました。

とはいえ、近年の作品の施策でも個体値は割と面倒な要素なので、このあたりもさらに簡略化されていると嬉しいところです(たとえばレベル100でなくともおうかんを使うことができ、さらにおうかんの入手も容易になるなど)。

ポケモンの対戦は楽しいのですが、とにかくハードルが高いのがネック。『ポケモン ソード・シールド』ではその高いハードルが撤去されつつあるので、ガチ勢からすると涙が出るほど嬉しいのです。

TOPICS

ランキング

ジャンル