top_line

元日本代表DF坪井慶介が現役引退を発表。「僕の誇りであり財産です」

フットボールチャンネル

元日本代表DF坪井慶介が現役引退を発表。「僕の誇りであり財産です」

 J2のレノファ山口FCに所属する元日本代表DF坪井慶介が7日、今季限りで現役を引退することを発表した。クラブの公式サイトで発表されている。

 現在40歳の坪井は、2002年からの現役生活18年に終止符を打った。坪井は三重県立四日市中央工業高等学校から福岡大学に進学。その後、2002年に浦和レッズに入団した。2015年には湘南ベルマーレに移籍し、2018年から山口でプレーしていた。日本代表として国際Aマッチ40試合に出場。2006年のドイツワールドカップにも出場している。

 山口のクラブ公式サイトで坪井は「18年間応援頂きました皆さま本当にありがとうございました。2002年に浦和レッズに加入させて頂き湘南ベルマーレ、レノファ山口と3チームを渡り、W杯にも出場し、40歳までプロサッカー選手を続けることが出来るなんていうことは夢にも思っていませんでした。プロサッカー選手として経験した、公式戦454試合、日本代表としての40試合はどの試合も僕の誇りであり財産です」などとコメントしている。

 なお、今月16日に行われる2019明治安田生命J2リーグ第41節モンテディオ山形戦終了後に坪井の引退セレモニーが行われる予定であるという。

TOPICS

ランキング

ジャンル