top_line

ガンバレルーヤまひる、相方よしこから「ドライを本番だと思ってやりな」とアドバイス『モトカレマニア』出演

テレビドガッチ


ガンバレルーヤのまひるが、11月7日に放送される木曜劇場『モトカレマニア』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第4話に出演することがわかった。まひるが連続ドラマに出演するのはキャリア初となる。

本ドラマは、現在「Kiss」(講談社)にて連載中の瀧波ユカリの同名コミックを原作に、元カレ・斉藤真(通称:マコチ/高良健吾)を引きずるあまり、“モトカレマニア”になってしまったぶっ飛びOLの難波ユリカ(新木優子)の混乱と暴走と試行錯誤を描くラブコメディ。

まひるの相方のよしこが、ユリカの親友・周防ひろ美役で出演しているが「演技がうまくてびっくり」「なんかホントにいい女感出てた」と、SNS上で話題となっている。今回まひるは、チロリアン不動産の元女性社員・あさちゃん役で出演。あさちゃんがチロリアン不動産を去った理由はなんと、小手伸也演じる社長の安藤一朗が原因だった。キャリア初の連続ドラマ出演となるまひるがどんな演技をするのか、そして、よしこ演じるひろ美との掛け合いのシーンはあるのかに注目が集まる。

<まひる コメント>
――本作の出演が決まっての率直な感想。

よっちゃん(ガンバレルーヤのよしこ)が出ているドラマで一緒に出演できてありがたいなと思います。連ドラの出演は初めてだったのでとてもうれしかったです!

――共演した小手伸也さんについての感想。

小手さんはポップな方でした。小手さんにおびえるシリアスなシーンだったんですけど、小手さんの顔を見たら笑っちゃいそうになりました(笑)。

――現場の雰囲気はいかがでしたか?

すごく温かい雰囲気でした。素人の私をすごく優しく迎えてくださって、緊張していたらスタッフの方々が「大丈夫だよ」と声をかけてくださって、すごく温かい雰囲気の中でお芝居ができました。

――相方のよしこさんからのアドバイスはありましたか?

よっちゃんからは「ドライ(リハーサル)っていうのがあって、そこで50人位のスタッフに囲まれて芝居しなくちゃいけないけど、全然緊張しなくていいよ。でもドライを本番だと思ってやりな。ドライで全力でぶつけたら本番にリラックスできるから」と、女優さんみたいなアドバイスをもらいました。それでリラックスできました(笑)

――番組を楽しみにしている視聴者へのメッセージ。

私ってわかんないじゃないかというくらい普段のガンバレルーヤのまひるを消して、“女優”として臨ませていただいたので、バラエティとは違った顔を楽しんで頂ければと思います! 是非、放送をご覧ください!

<第4話あらすじ>
誕生日の夜、マコチ(高良)からキスされたユリカ(新木)は、今でも彼のことが好きだと確信する。二人がキスしているところを偶然目撃してしまったユリカの親友・ひろ美(よしこ)は、「キスはしたけど付き合うとは言っていない」と言ってその場から立ち去ったマコチのことを「誠実じゃない」と非難する。5年前にユリカと別れたときもマコチは何も言わなかった、というのだ。

一方、さくら(山口紗弥加)は、ユリカと食事をした後に立ち寄ったバーで、ずっと忘れられないでいる元カレの駒込和真(淵上泰史)と再会する。さくらの頭の中に甦る、素直になれなかった中学生時代の思い出。和真の左手には、結婚指輪が光っていた。山下(浜野謙太)は、好きだと告白してきた同僚の千鶴(趣里)に、好きな人がいる、と告げる。しかし千鶴は、「私のことは絶対に好きになれないってことですか?」と問い返す。

あくる日、ユリカは重い足取りでチロリアン不動産に出社する。すると、いきなりユリカを祝福する社長の安藤(小手)らハラミ会の面々。担当物件の契約が成立したため、ユリカは正社員採用されたのだ。ハラミ会は、ユリカの歓迎会の準備もしていた。だがマコチは、熱を出して会社を休んでいた。

その夜、山下が「BARネコ目」をのぞくと、ユリカがいた。ユリカは、マコチに振られたこと、そして都内で山下の元カノ・むぎ(田中みな実)に会ったことを彼に伝え……。

TOPICS

ランキング

ジャンル