top_line

天海祐希以外の出演者は誰!?「#トップナイフ」ツイートでレアグッズゲット!

テレビドガッチ


天海祐希が主演を務める、2020年1月クールの新ドラマ『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』(日本テレビ系、毎週土曜)。11月7日(木)より「メインキャストを当てろ!」公式HP・Twitterでクイズ企画「#トップナイフは誰だ」がスタートする。

同ドラマは、“脳”という神の領域に踏み込むために、何を手放してそのメスを握るのか、神の技術と人間の苦悩、医師のすべてを描くリアル・ドクターストーリー。『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』『医龍-Team Medical Dragon-』などを手掛けた脚本・林宏司と、『女王の教室』の演出・大塚恭司という最強のヒットメーカーが集結する。天海が演じる深山瑤子(みやま・ようこ)は、東都病院・脳神経外科に務める脳動脈瘤のスペシャリストで、部長の今出川から脳外をまとめるように言われる、管理職的役割の女医。自分の実力一つで患者の人生が変わるのが脳外科医だと実感し、その責任と重要性を自覚して、患者の命を第一に考えているが、その裏では家族を捨てたという罪悪感を抱えている役どころだ。

主演・脚本・演出のみならず、メインキャストも豪華俳優陣が集結する同ドラマだが、その顔ぶれに天海も「あー、早く皆様にお伝えしたい!」と唸るほど。そこで、公式発表に先駆けて、11月7日から番組公式HPと公式Twitterにてメインキャスト当てクイズ企画がスタート。

それぞれの役のプロフィール、番組公式Twitterアカウントからのヒントを頼りに、それぞれの役を誰が演じるのかを「#トップナイフ」のハッシュタグをつけてツイート。メインキャスト全員を当てることができた人の中から抽選で、入手困難な特別グッズをプレゼント。詳しくは番組公式HPをチェック!

天海演じる深山瑤子以外の登場人物は下記の通り。果たして、誰が演じるのか……?

●黒岩健吾(くろいわ・けんご)(53)
東都病院・脳神経外科の脳腫瘍のスペシャリスト。「世界のクロイワ」の異名をとり、マスコミにもたびたび取り上げられるスター脳外科医。自分第一主義。仕事で散々人の命を救っているのだから、それ以外はすべて自分を優先してもいいと考えている。

●小机幸子(こづくえ・さちこ)(26)
東都病院・脳神経外科の専門研修医。幼い頃から神童ともてはやされ、何事も一番が当たり前でトップ中のトップになる人生を歩んできた。そして偏差値が最も高く、最も難しい医療だからという理由で脳外科医になる。だが医局に入り、実技がからっきしダメな新人と噂されるも本人にその自覚はない。しかも、恋愛経験はゼロで26歳にして初恋を経験することに……。

●西郡琢磨(にしごおり・たくま)(34)
東都病院・脳神経外科で、外科もカテーテルも出来る二刀流。手技に絶対的な自信を持ち、“天才”を自称。しかし、その自信は表面上のもので、中身はコンプレックスの塊。なぜか同僚にも患者にも心を開かない孤高の医師。

●来島達也(きじま・たつや)(30)
BAR「カサブランカ」のオーナー。病院の近くにあるため、多くの医師たちの憩いの場となっている。とにかく軽くて、女性を口説くことしか頭にない。しかし、来島の醸し出す雰囲気で医師という仮面を外した深山たちは歌ったり踊ったりと意外な一面を見せることも……。

●今出川孝雄(いまでがわ・たかお)(61)
東都病院・脳神経外科の部長。医者としては平凡だが、人の適材適所を見分ける能力に長けている。周りに気を使って場を和ませようとおしゃべりになることが多いが、持ち前の着眼力でその人が一番言われたくないことまで言ってしまうことがたまに傷。実は、天才医師たちをこの脳外科に集めたのには、誰にも言えない秘密があって……。

TOPICS

ランキング

ジャンル