top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

窪田正孝の左目が赤く輝く……映画『東京喰種』から“赫眼”状態のカネキ、真戸呉緒(大泉洋)らの姿を解禁

SPICE

7月29日公開の映画『東京喰種 トーキョーグール』から、ティザービジュアルとキャラクター写真が公開された。

石田スイ原作『東京喰種 トーキョーグール』は、現代の東京を舞台に人肉を喰らうことで生きる人の姿をした“喰種”(グール)の物語を描いたコミック。週刊ヤングジャンプ(集英社)で2011年から連載が始まり、2014年からは『東京喰種トーキョーグール:re』(トーキョーグール アールイー)として連載中。コミックスは累計1,800万部を超え、2014年にはアニメ化、2015年からは舞台・ゲーム化されるなど、様々なメディアで人気を博す作品となった。『東京喰種』はその初の実写映画化作となる。

 


窪田正孝演じる金木研 (C)2017「東京喰種」製作委員会




トーカ(清水富美加) (C)2017「東京喰種」製作委員会



広告の後にも続きます

 

今回解禁されたティザービジュアルでは、窪田正孝演じる金木研(カネキ)の目が赤く光り、「赫眼」と呼ばれる状態となった姿が明らかになっている。劇中に登場する喰種は、普段の生活では人間と区別がつかない姿だが、捕食や戦闘などで活性化する“赫眼”状態に変貌。原作と同じくカネキは半喰種のため、片目だけが赤くなっていることがわかる。また、対をなすようにレイアウトされた、普段の眼帯姿のカネキのビジュアルも印象的だ。 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル