top_line

マツコ・デラックスも魅了した看板猫・錫之介くんが表紙の書籍「看板にゃん猫」“朗読とうた”イベントを開催

music.jp

マツコ・デラックスも魅了した看板猫・錫之介くんが表紙の書籍「看板にゃん猫」“朗読とうた”イベントを開催(C)music.jp マイクロマガジン社より10月18日に発売された「愛する人」との繋がりを猫の視点で綴った心温まるフォト・ブック「看板にゃん猫」の【朗読とうた】イベントを、表紙を飾る看板猫・錫之介くんがいるギャラリー・エフにて開催します。
ギャラリー・エフ

http://www.gallery-ef.com/j.htm


東京都台東区雷門 2-19-18
TEL 03-3841-0442

『月夜の森 2019』
朗読とうた「猫物語とうた」
九里みほ
2019年11月24日(日)
14:00|18:00
※予約定員制。
お申し込みは店頭またはメール(mail@gallery-ef.com)まで
公演名・開演時間・枚数・ご氏名・お電話番号(携帯番号)をお伝えください。

入場|前売り 2,500円(当日 2,800円)+1ドリンク500円

テレビ朝日系列『夜の巷を徘徊する』で、あのマツコ・デラックスさんも魅了した


看板猫・錫之介くんが表紙の書籍「看板にゃん猫」の中から、ギャラリー・エフ先代の看板猫である銀次のことを描いた「親分と呼ばれた猫」のパートを、女優・歌手の九里みほさんが朗読いたします。

【書籍情報】
看板にゃん猫(こ)
猫たちがこっそり教えてくれた14の奇跡の出会い

http://micromagazine.net/books/11233/


ISBN:9784896379372
A5判 / 書籍 / 128ページ
定価:1,400円
発売日:2019年10月18日
逸見チエコ(著/文)、泉山美代子(写真)

お店に訪れる人々のアイドルである看板猫。
たくさんの人を癒し、またそんな人々からたくさんの愛情をもらうにゃん猫たちはどんなことを考えているのか? これは、そんなにゃん猫たちにまつわる14の感動物語です。

九里みほ
(役者、ウクレレシンガーソングライター、粘土職人)

祖父は画家、叔父はビオリストという贅沢な環境で育つが、身内であるという照れから、どちらも教わっていないことを後悔している。
劇団ビタミン大使「ABC」を経て、劇団チャリカルキ、日穏、タカハ劇団、舞台『ガラスの仮面』に出演。
2015年、梶原茉莉と「おとのえプロデュース」を立ち上げ、恩師が残した手紙を元にした朗読劇を上演。演出/松田光弘「最後の葉書〜黒田ノリヨシ・康子夫妻の往復書簡〜より」ドラマ「相棒」「ろくでなしブルース」「そろばん侍」などに出演。
TVCMのナレーターとしても数々のCMを担当している。
2017年11月より、作詞作曲を始め、都内、横浜、三浦海岸を中心にウクレレソロ弾き語りライブ活動中。最近では短編の朗読を合わせたライブも開催している。

TOPICS

ランキング

ジャンル