top_line

もっと評価されるべき!隠れた名作ドラマランキング

JOOKEY

テレビドラマの指標は視聴率です。最近ではSNSを通じて、視聴率はあまりよくなくても、評価の高い作品があることがわかるようになりました。過去の作品にもそういう隠れた名作があるのではないでしょうか。10〜40代の男女に聞いてみました。ハマった作品はありますか?

 

■質問内容

もっと評価されるべき、隠れた名作だと思う日本のテレビドラマはどれですか。3つ以内でお選びください。

 

■調査結果

1位:キッズ・ウォー(主演:井上真央) 18.0%
2位:女王の教室(主演:天海祐希) 17.0%
3位:大好き!五つ子(主演:森尾由美、新井康弘) 15.0%
4位:14才の母(主演:志田未来) 13.0%
5位:ライフ~壮絶なイジメと闘う少女の物語~(主演:北乃きい) 11.0%
6位:白夜行(主演:山田孝之、綾瀬はるか) 10.0%
6位:牡丹と薔薇(主演:大河内奈々子、小沢真珠) 10.0%
8位:中学聖日記(主演:有村架純) 9.0%
9位:高校教師(主演::上戸彩、藤木直人) 8.0%
9位:名前をなくした女神(主演:杏) 8.0%

 

●第1位は昼ドラの名作『キッズ・ウォー』

第1位に輝いたのは、1999年から2003年まで昼の時間帯に毎年1作品をシリーズで放送した『キッズ・ウォー』でした。最初は主婦層向けだったストーリーを、パート3から若者向けにすると平均視聴率が2桁台となり、昼ドラでは異例の高さを記録しました。再婚して血のつながらない家族に起こる様々な問題をコミカルに描いた作品で、当時、子役で出演していた井上真央さんの出世作です。家族愛がテーマの作品ですが、イジメなど社会問題も取り上げており、高い評価を得たのでしょう。

 

●第2位は異色の学園ドラマ『女王の教室』

第2位には天海祐希さんが、鬼教師を演じた一風変わった学園ドラマ『女王の教室』がランクインしました。脚本は『家政婦のミタ』など話題作を多く手がける遊川和彦さんで、最高視聴率25%を突破した作品です。天海祐希さん演じる黒い衣装にひっつめ髪で冷酷な教師阿久津真矢は、成績で生徒を差別し、秘密を握りコントロールするなど、今までの学園ものでは考えられないような鬼教師ぶりですが、子供たちは最終的にはたくましく成長した姿を見せます。

 

●第3位は家族愛を描いた昼ドラ『大好き!五つ子』

第3位にも、1999年から10年間11シリーズ続いた昼ドラ『大好き!五つ子』がランクインしました。五つ子とその両親からなる7人家族の桜井家を中心に、各年代が共感できる身近な内容で、夏休みの時期に放送していたこともあり、家族で見られる番組として人気が続いたようです。

 

 

■ダントツの作品がないのは、好みが分かれたから!?

上位には家族で楽しめるホームドラマと、イジメなど社会問題を扱ったドラマという二極に分かれるという結果になりました。また、問題作といわれる考えさせられる作品も多くランクインしています。人気の高い作品は配信サービスで見ることができるので、気になる作品は観てみてはいかがでしょう。

 

HORANE調べ 2019年9月 調査対象:10~40代の男女

TOPICS

ランキング

ジャンル