top_line

いつ来てもいい…彼からすんなり「合鍵をもらう」方法

愛カツ

好きな人と一緒に住めたら幸せですよね。

その前の段階として、彼の家の合鍵なんてもらえれば、それも嬉しいはずです。

では、どうしたらそんな状況を迎えることができるのか……。

「彼からすんなり合鍵をもらう方法」と題して、経験のある女性たちの話をもとにご紹介します!

「夕食を作っておくから」と

「彼は手料理に飢えている人でした。
家に遊びに行ったとき、毎回作ってあげていて、すごく喜んでくれてた。

一時期、彼の仕事が忙しくなり、毎日帰りが遅くなっていたときに『夕食作っておくから』と言うと、喜んで合鍵をくれましたよ」(28歳/教育)

女性の手料理を好む男性は多いです。

そういう人にとっては、仕事から帰って料理が用意されているなんて、非常に魅力的なこと。

合鍵と引き換えにでも、手に入れたい状況かもしれません。

「洗濯物取り込んでおくよ」と

「彼とは家が近く、歩いて行けるぐらいの距離にあります。
あるとき、彼が洗濯物を干しっぱなしで出掛け、ゲリラ豪雨に降られて台無しになっていました。

それを聞いて私は、『雨降りそうなとき、洗濯物取り込みに行くよ』と言うと、『マジで!』と。
むしろ感謝しながら合鍵をくれました」(26歳/医療)

洗濯物や布団を干しっぱなしで出掛け、雨に降られたときの絶望感はないですよね。

合鍵を渡すぐらいであの感覚を回避できるのであれば、誰でもそうするかもしれません。

お泊り回数を増やしていく

「私の職場が、彼の家から近くて、よく泊まらせてもらっていました。
自然とその回数が増えていき……。

最初のころは、鍵は渡されてもいちいちポストに返却してたんだけど、防犯上のこともあり、『持ってていいよ』と言ってくれました」(25歳/美容)

家で一緒に過ごす時間が増えると、一緒に住んでいるかのような感覚になってくるんでしょう。

ならば、合鍵を渡すのも当然。

となると、お泊りの回数を徐々に増やしていくのが、有効な方法と言えますね。

あえて浮気を疑う

「一時期、彼がほかの女性と連絡を取っているような素振りがありました。
私がそれを指摘すると、否定してきました。

私も引き下がらず、しばらく疑ってたら、彼が『じゃ、これ持っててよ』と合鍵をくれた。
ラッキー。疑ってみるのも悪くないと思いました」(28歳/IT)

もしかしたら、彼は、浮気の代償として合鍵を差し出した可能性もあります。

これで許してもらえれば、彼としてもラッキーでしょう。

なので、あえて浮気を疑ってみるというのも、ひとつの方法となります。

おわりに

ほかにも、自分が合鍵を渡すことでプッシャーを与え、向こうも出さざるを得ない状況にする、という手段を用いる人もいました。

合鍵を手に入れたからといって、絶対的な安心を手に入れたわけではありません。

気を抜きすぎて、彼に呆れられるような行動を取らないよう注意しましょう。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)

TOPICS

ランキング

ジャンル