top_line

鈴木亮平『HK 変態仮面』は代表作!“勝負パンツ”の存在明かす『TOKIOカケル』

テレビドガッチ


鈴木亮平が、11月6日に放送される『TOKIOカケル』(フジテレビ系、毎週水曜23:00~)にゲスト出演する。

TOKIOのメンバーとゲストが、駆け引きを使ってさまざまなオリジナルゲームなどを展開するバラエティ番組。

TOKIOがゲストの知られざる一面を引き出すため、今まで聞かれた事がないであろう質問をゲストにぶつける企画「鈴木亮平の生まれて初めて聞かれました」で鈴木は、NGナシで答えていく。数多くの作品でさまざまな役柄を演じている鈴木に対し、城島は「俳優としてのジンクスはあるか?」と尋ねる。「あまりこだわらないようにしている」という鈴木が唯一大事にしているのが、“勝負パンツ”の存在。国分太一は「そこは変わらないんだ!」と驚き、松岡昌宏は「そういうとこ好きよ!」と大爆笑する。

実は、前回ゲスト出演した際に主演映画『HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス』(2016年)の告知をした鈴木。強烈な下着姿が印象的な役柄だったため、長瀬智也をはじめTOKIOのメンバーたちが「“変態仮面”キター!」と大盛り上がりしたのだ。今回鈴木も「僕の代表作です!」とテンションが上がり、“勝負パンツの歴史”や“勝負パンツへのこだわり”を語り始める。さらに「今日は勝負の日?」と聞かれると、鈴木はベルトに手をかけながら立ち上がり……!?

また、国分からは「似ている人、増えた?」という質問が。前回出演した際に鈴木は「よく言われるのは、ずんの飯尾(和樹)さん」と答えていた。それから3年たった今でも、自他共に「飯尾さんに似ている」と認めてしまうエピソードを明かす。さらに今回はAIが似ている有名人を判定するソフトを使用し、TOKIOのメンバーや鈴木が誰に似ているのか調査する。“似ている度“が数値で表示されるのだが、城島ととある有名人の“似ている度”が驚異的な数値をたたき出す。松岡たちは「身内レベルじゃん!」と大はしゃぎ! 城島本人も「スマホの顔認証が通るのか確認してみたい」と話し、長瀬も乗り気で「いいね! 検証するために『TOKIOカケル』のゲストに来てもらおうよ!」と提案する。城島と身内レベルに似ている有名人とは一体誰なのか?

今回の収録はスタジオを飛び出して、鈴木が「城島さんの結婚をお祝いできるお店はここしかない」と本気で決めたレストランにて行われた。鈴木は「来たら必ず食べるメニュー」という選りすぐりの3品でおもてなしをする。絶品料理の数々に国分は「城島さんのおかげだよ。結婚してくれたから食べられる」と大満足の様子だった。

<鈴木亮平 コメント>
――今回の収録についていかがでしたか?

仲良く話していただけて、とてもうれしかったです。お料理は好みがあるのでドキドキしていたんですが、皆さんが“おいしい”と言って食べてくださっていたので安心しました。TOKIOの皆さんはいつも優しいんですが、今日はさらにリラックスされていた気がします。久々だったので緊張していましたが、僕もリラックスして収録できました。誰にも見せる予定がなかった僕の趣味に、皆さんがすごく食いついてくれて楽しかったです!

――城島へのサプライズについて。

レストランの方が用意してくれたものはまさか……でした(笑)。アットホームで改めてすてきなお店だなと思いました。喜んでいただけて良かったです。

TOPICS

ランキング

ジャンル