top_line

Appleの絵文字に性別のない「ニュートラル」が登場! 「肌色や性別を選べるカップル」や「障がいのある人」など多様性に対応しています

Pouch[ポーチ]

Appleの絵文字に性別のない「ニュートラル」が登場! 「肌色や性別を選べるカップル」や「障がいのある人」など多様性に対応しています

アメリカのAppleが、現地時間2019年10月28日に「iOS 13.2」の配信をスタ。これに伴い、動物・食べ物・アクティビティなど、70種類以上の絵文字が追加およびアップデートされました。

中でも目を引くのは “多様性” を感じられる絵文字。

性別のない絵文字や、カップルの肌の色・性別の組み合わせを選択できる絵文字。障がいのある人の絵文字など、以前よりも選択肢が増えていることがわかるんです。

【性別のない絵文字「ニュートラル」】

男性と女性の2パターンだった “人間” の絵文字にこのたび新たに加わったのは、性別のない「ニュートラル」という絵文字。

男性にも女性にも見える風貌で、スーパーヒーローや妖精、バニー(ウサギの耳をつけた人)など、その種類はさまざま。警察官など職業を表す絵文字にも、「ニュートラル」が取り入れられています。

【家族を表す絵文字にも「ニュートラル」が!】

そのほかにも、男性の人魚の上半身が服で覆われていたり、ヒゲのないより中性的な風貌に変化していたりと、ジェンダーに関するさまざまな変化が見られます。

カップルやキスの絵文字、家族を表す絵文字にも、性別を問わない中性的なモチーフが使われているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

【いろんな人種&性別のカップルを選択できるよ】

ジェンダーだけでなく肌の色もさまざまで、手をつなぐカップルがモチーフの絵文字では、いろいろな肌色の組み合わせを選択できます。

性別の組み合わせも自由にできるので、自分にピッタリの絵文字が見つかるハズっ!

【障がいにちなんだ絵文字も増えてるっ】

また障がいのある人の絵文字も種類が豊富で、目の不自由な人が持つ白杖や車いす、補聴器や義手・義足なども追加されています。

時代の流れとともに、進化し続ける絵文字。今後もますます、多様性のあるデザインが増えていってほしいな~!

参照元:AppleEmojipediaTwitter @Emojipedia
執筆:田端あんじ

TOPICS

ランキング

ジャンル