top_line

ランチでもディナーでも。食事デートで男性の心をつかむテクニック

愛カツ

気軽な気持ちで臨めるお食事デート。でも、気軽な雰囲気ゆえ、ついつい気が緩んで恋愛対象から外れてしまう残念なケースもあります。

ディナーが本命のように考えられがちですが、ランチだから脈なしなんてことはありません。

気軽なデートだからこそ、振る舞いひとつでぐっと距離が縮まることもあります。

今回は、食事デートで男心をつかむポイントをまとめました。

食べ物を残さない

ランチだろうがディナーだろうが、食べ物を残さないのは食事デートの王道のモテポイント。きっと一緒に食事する場合、男性が奢ってくれることのほうが多いはず。

そこで、平気で食べ残しをしたり、食べられない量をオーダーするのは、失礼な振る舞いと言えます。

美味しく完食してくれる姿は、男性にとって嬉しいものですし「またごちそうしたい!」という印象に。

どうしても食べきれない場合は、「食べたいのに……」「お店に申し訳ない」と申し訳ない態度を見せて印象ダウンを避けていきましょう。

別々のものを頼んでシェア

「同じもので」とオーダーする人も多いと思いますが、距離を縮めたいのなら、あえて彼と違うメニューをオーダーするのがおすすめです。

「私はこっち頼むから半分こしようよ!」「別々の頼んでシェアしない?」と食事をシェアする流れをつくると、一気に距離が縮まります。

食事を共にすることは親近感が生まれる行為。さらに「分け合う」ことで、より親近感や好感が生まれます。

お店は雰囲気より味や量を重視

ディナーの場合は、おしゃれで雰囲気がいいお店選びがベター。反対に、ランチデートは雰囲気よりも味や量を重視した、男性が入りやすいお店を選ぶのがいいでしょう。

背伸びしてデートしなくていいという安心感を与えられますし、庶民的なお店でもいやな顔しない姿が男性には好印象に映ります。

ランチは気楽にがっつり食べたいという男性は多いです。

男性の胃袋を満たすお店を選ぶことで、「お店や食事の満足感=あなたと一緒にいる満足感」という錯覚を与えることができます。

長居せずお茶や散歩を切り出す

ディナーはゆっくりと語り合うものですが、ランチの時間帯は、お店が混みやすいもの。

時間が許す限りおしゃべりを楽しみたいところですが、お店の状況を見て長居せずお店を出るのが正解です。

周りに気配りができる女性なのかどうか、チェックしている男性は意外と多いもの。

食事が済んだらお店を出るという周りの空気を読んだ行動が、男性に好印象を与えます。

「続きはカフェで話さない?」「いっぱい食べたから少し散歩しない?」など、ランチの続きを促すお誘いで、さらに仲良くなるチャンスをつくりましょう。

おわりに

短時間で済むランチデートは、「また会いたい」という気持ちが生まれやすいデートです。

短時間のなかでも、好印象を与えられることは可能。楽しい食事から、相手の心をがっちりつかんでいきましょう!

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)

TOPICS

ランキング

ジャンル