top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

小倉優子、「こりん星」滅亡のきっかけは有吉弘行の一言だった

SmartFLASH

 

 11月2日放送の『あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~』(テレビ東京系)で、タレント・小倉優子がこりん星の誕生から滅亡までの秘話を明かした。

 

 バラエティで人気の美女として番組に登場した小倉。現在36歳で、デビューしたのが高校2年生の頃なので、今年で19年目になるという。

 オードリー・若林正恭の「高校生の頃はテレビで絶対に売れたいって気持ちはあった?」という質問から、彼女がブレイクするきっかけになった「こりん星」について話が移る。

広告の後にも続きます

 

 

 小倉が「こりん星は徐々に出来ていった」と明かすと、若林は「本当に星ができるのと一緒だ(笑)」と驚きの表情。「こりん星からきたお姫様」という設定だったが、「これがあると無敵。なんでも返せる、こりん星で」となんとも言えない安心感があったと明かす。

 

 実際、この設定のおかげでバラエティも出やすかったが、嘘をつき続けながら活動することで、次第に罪悪感が出てきたという。小倉本人は「こりん星きついんじゃないかな……」と悩み出したが、一方、事務所は「まだいける」と意見の食い違いが起きてしまう。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル