top_line

「ラピスリライツ」シュガーポケッツのキュート&ポップな魅力が爆発! VRライブ第3弾【レポート】

アニメ!アニメ!

「ラピスリライツ」シュガーポケッツのキュート&ポップな魅力が爆発! VRライブ第3弾【レポート】

10月5日、『ラピスリライツ ~この世界のアイドルは魔法が使える~』のVRライブ「ラピスリライツ VR魔法ライブ ~First Magic Act~ in cluster」第3弾が開催された。


出演はシュガーポケッツのラトゥーラ(CV. 早瀬雪未)、シャンペ(CV. 広瀬世華)、メアリーベリー(CV. 赤尾ひかる)。トイボックスのようなポップさとキュートさが魅力のユニットだ。
みんなを笑顔にするおもてなしが光ったオルケストラ(『ラピスリライツ』におけるライブ)の様子をお届けする。

Sadistic★Candyのオルケストラを魔法で再現

まずは9月22日に行われたVRライブ第2弾Sadistic★Candyのオルケストラを魔法で再現。魔法に必要な機材は天才発明家・メアリーベリーのお手製だ。

前回は客席からステージを見ていたラトゥーラ。パフォーマンスからたくさんの元気をもらったと語り、「今夜はシュガポケが先生(観客)たちを元気にする」と気合を入れた。

コーレスはキャバレ~部風

元気いっぱいに登場したシュガーポケッツ。ラトゥーラ、シャンペがスムーズにあいさつをするが、メアリーベリーは恥ずかしそうな表情を見せた。

人付き合いがあまり得意ではないメアリーベリーは、普段“ベリーボード”という、感情を自動的に音声にするアイテムを使ってMCをしている。しかし今回はボードが故障してしまい、自力で話さなければならないという。
たどたどしい様子だが、懸命にあいさつを口にするメアリーベリー。健気な姿に、生配信視聴者からは「かわいい!」のコメントが続出した。


せっかくのオルケストラなのでコール&レスポンスがしたいと言うラトゥーラ。すかさずシャンペが盛り上がるコールを披露する。
はじけんばかりの笑顔で「ご新規様、入りましたー!」と宣言するシャンペ。街の癒し空間・キャバレ~部で指名No. 1というだけあり、慣れた様子で場を盛り上げた。

しかしコールは、だんだんとオルケストラとはかけ離れたものに。ラトゥーラが慌ててストップをかけ、軌道修正するシーンもあった。

自己紹介のポイントはノリツッコミ?

気を取り直して自己紹介タイム。ラトゥーラ、シャンペ、メアリーベリーの順にプロフィールや特技などを披露する。

自己紹介中、欠かせなかったのがノリツッコミ。正統派のラトゥーラ、あざとくごまかすシャンペ、恥ずかしそうにするメアリーベリーと、ツッコミの中にも個性が見られた。

ハートを盗まれそう! 元気になれるオルケストラ

「みんなのハートを盗んであげる!」とラトゥーラが宣言し、いよいよ楽曲披露に。黒猫を意味するキュートな歌「シャノワール」が流れはじめた。猫の前足を意識したキュートな振り付けに、自然と笑顔がこぼれる。


ステージは、魔法でパステルカラーに。いたずら好きで愛嬌のある猫を思わせる歌詞にぴったりだ。


曲のラストでは猫のシルエットが登場。肉球マークや手書きの雲など、まるで一緒に散歩をしているようなイラストも浮かびあがる。


シュガーポケッツらしいポップさにあふれるオルケストラに、思わずハートを盗まれそうになった。

「このステージがホーム」


楽曲披露後、いつになくテンションの高いメアリーベリー。「引きこもりが治った?」とラトゥーラが口にした直後、「メア、限界」と電池が切れたように静かになってしまった。


メアリーベリーが復活するまで、なんとかトークをつなぐ2人。ラトゥーラは来場者にお礼を言い、「先生の推し魔女になれるようにがんばる」と今後への期待を感じさせた。
シャンペは観客からの声援によって増幅する魔法の力を実感。「ここではだれもが笑顔になれる」と手ごたえを口にした。


すると復活したメアリーベリーが、オルケストラ中に気づいたことがあるとコメント。
普段は外に出たくない引きこもりだが、「このステージがメアにとってのホーム。ずっとここに引きこもっていたい」と笑顔を見せた。

ファッションも見所の握手会

続いてVRライブ恒例の握手会がスタート。cluster参加者から選ばれた5人は、メンバーと握手をすることができる。
最初に選ばれたのは、猫耳が特徴的なユーザー。シュガーポケッツで衣装デザインを手掛けるラトゥーラは「猫耳かわいいね!」と語りかける。
その後の参加者に対しても、「シュガーポケッツの衣装みたい」、「学園の制服に似ているね」とコメントは尽きない様子。ファッションチェックも握手会の見所のひとつとなった。


最後は全員で記念撮影。オルケストラの思い出をしっかりと記録に収めた。

お別れは「いってきます」


お別れのあいさつも、シュガーポケッツらしい前向きな言葉。いつかホームであるステージに帰ってくるのだと願いを込め「いってきます!」を大きな声で伝えた。

観客が自然と笑顔になれるおもてなし。それがシュガーポケッツの魅力だと実感するオルケストラだった。

◆◆◆
今回紹介したオルケストラのアーカイブは、ラピスリライツのYouTube公式チャンネルや、cluster公式サイトでもチェックできる。


「ラピスリライツ VR魔法ライブ ~First Magic Act~ in cluster」には今後、IV KLORE、この花は乙女、LiGHTsが登場予定。パソコンやスマートフォンがあれば、だれでも無料で視聴することができる。ユニットの個性あふれるオルケストラを、ぜひ目撃してほしい。

今後の配信予定はこちら
https://www.lapisrelights.com/news/913/

『ラピスリライツ ~この世界のアイドルは魔法が使える~』
(C)2017 KLabGames
(C)2017 KADOKAWA CORPORATION

TOPICS

ランキング

ジャンル