top_line

男子が「付き合うのは失敗だったかも…」と思う彼女のあれこれ

愛カツ

友達として付き合っている間は気がつかなかった相手の意外な一面に、より密な関係になった途端に気がつくことはよくある話ですよね。

今回ご紹介するのは、男子が付き合ってから気づいた、「失敗したかも」と思ってしまう彼女の残念な一面。あなたは大丈夫でしょうか?

気持ちのアップダウンが激しすぎる

「付き合ってから頻繁にデートを繰り返すうちに、彼女の気分の浮き沈みの激しさに気がついて……。彼女と過ごす時間が次第に苦痛になってきちゃって、この先どうしようか悩んでいるところです」(27歳/製造業)

付き合い始めると一緒にいる時間がぐっと増えますよね。旅行に出かけるなど何日も一緒にいたり、家族や仕事などの深い話をしたりなど、より近しい関係にもなるもの。

気を許す関係だからこそ、ありのままの自分をさらけ出す……といえば聞こえはいいですが、感情を包み隠さないことが必ずしも良いというわけではありません。

“親しき仲にも礼儀あり”というように、近いからこそより相手を思いやる必要があるんです。

自分の気持ちに素直になるのはいいことですが、相手がついていけなくならないよう、ほどほどにしておきましょう。

憧れを打ち砕く部屋の汚さ

「彼女の家に遊びに行くことになったときのこと。付き合いあいたての頃はずっと拒否されていたので、やっと許可が出て楽しみにしてたんです!

ところが行ってみると、床一面に物が散乱していてびっくり。

確かに、掃除が苦手とか散らかってるからとかってずっと聞いていたけど、まさかこれほどとは……。女子の部屋へのあこがれが粉砕されました」(26歳/医師)

女子の部屋といえば、きれいに整理整頓されて、おしゃれな小物が飾ってあって、いい香りがして……と男子は想像を膨らませてしまうもの。

女性からすれば、「みんながみんなそんなわけない!」と心の中で叫びたいところですが……。彼の理想通り、とまではいかないにしても、せめて彼に幻滅されない程度に部屋は整えておきましょう。

靴は揃えて出すものは最小限にしたり、トイレや水回りの掃除を少し入念にしたりとほんの少しの気配りを忘れずに。

怒ったときの言葉遣いが荒すぎ

「初めて彼女と喧嘩したときに、あまりの言葉遣いの荒さにびっくり。

人間怒ったときに本性が出るっていうから、あれが彼女の本性なのかなと思ってしまいますよね。

上品でかわいらしい印象だったのに……だまされたかな(笑)」(26歳/飲料メーカー営業)

誰しも喧嘩になると口調がきつくなってしまいますよね。とはいえ、言葉遣いが汚いと感じられるような発言は禁物。

例えば、『お前』『うざい』などにピンときた人がいたらアウト!怒りに任せて発した言葉で、品がないなと引かれてしまっているかもしれません。

あとで後悔しないように、感情が高ぶったときほど冷静さを心掛けましょう。また自覚がある人は日頃から言葉遣いを変えていく意識をもって。

近い存在だからこそ気を付けて

彼氏彼女になると一緒にいる時間が増え、家族より一緒にいる時間が長いなんて人もいるのではないでしょうか。

取り繕う必要はありませんが、彼が自分の中でより近い存在になっているからこそ、思いやりと気遣いは忘れないことが大事。

大好きな彼にずっと好きだなと思ってもらえるよう、注意してみてくださいね。

(愛カツ編集部)

TOPICS

ランキング

ジャンル