top_line

天海祐希、初の脳外科医役で主演!新ドラマ『トップナイフ』で林宏司&大塚恭司とタッグ!

テレビドガッチ


天海祐希が、2020年1月クールの新ドラマ『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』(日本テレビ系、毎週土曜)で、主演を務めることが分かった。天海は、脳外科医・深山瑤子(みやま・ようこ)を演じる。

同ドラマは、“脳”という神の領域に踏み込むために、何を手放してそのメスを握るのか、神の技術と人間の苦悩、医師のすべてを描くリアル・ドクターストーリー。『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』『医龍-Team Medical Dragon-』などを手掛けた脚本・林宏司と、『女王の教室』の演出・大塚恭司という最強のヒットメーカーが集結する。天海が演じる深山は、東都病院・脳神経外科に務める脳動脈瘤のスペシャリストで、部長の今出川から脳外をまとめるように言われる、管理職的役割の女医。自分の実力一つで患者の人生が変わるのが脳外科医だと実感し、その責任と重要性を自覚して、患者の命を第一に考えているが、その裏では家族を捨てたという罪悪感を抱えている役どころだ。

主演の天海は、初めて演じる脳外科医という役について、 「長時間労働、勉強と緊張の連続、熟練した脳外科医の余命はとても短いなど、厳しい現状が浮かび上がりました。様々を踏まえ、お芝居に活かせたらと思っています」と、華々しいだけではない医師のリアルな面についても触れつつコメント。

久々にチームを組む脚本の林、演出の大塚についても、それぞれ「視点、書かれる台詞一つひとつ、とても彩り豊かで心に響きます。ちょっと笑えるところも、とてもセンス良くて、悔しい(笑)」「(演出が)細部まで計算されていて、演じる側としても、いつも幾つもの発見があります。今回も、そんな瞬間を楽しみにしています」と、作品への期待を語った。

重厚なストーリーを固めるキャスト陣は近日発表。今後の続報にも注目が集まる。

TOPICS

ランキング

ジャンル