top_line

新田真剣佑演じる葵がサクラに告白!?『同期のサクラ』第5話

テレビドガッチ


矢島健一、木村了が、11月6日放送の高畑充希が主演を務めるドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第5話にゲスト出演する。

『過保護のカホコ』の制作チームが集結し、脚本・遊川和彦×主演・高畑が再びタッグを組んで送るオリジナルドラマ。“故郷と本土を結ぶ橋を架けること”を夢見て、大手ゼネコン・花村建設に入社した忖度できない主人公・サクラと同期たちの10年間を、1年=1話で描いていく。また、サクラの同期役として橋本愛、新田真剣佑、竜星涼、岡山天音が出演する。

矢島が演じるのは、新田演じる木島葵の父親で、現役の国土交通省の幹部・木島康秀。木村は、葵の兄で東大卒のエリート官僚・光一を演じる。葵は、優秀な兄に続いて東大進学を目指すも不合格となり、アメリカの大学に留学。卒業後、日本に帰国して「花村建設」に入社したという経緯を持つ。特に兄には幼少の頃から強いコンプレックスを持っており、第5話では葵と父兄との確執が描かれる。

<第5話あらすじ>
サクラ(高畑)たちが入社してから5年後の2013年。都市開発部の若きエースとして活躍する葵(新田)は、社内表彰で「社長賞」を受賞し、いつものように調子の良いスピーチをするのだが、花村建設の社長(西岡徳馬)から「お父さんによろしく」と言われ、複雑な表情を見せる。

その頃、都市開発部では、目玉となるプロジェクトが国の予算の都合で急遽凍結されるというトラブルが発生。表彰状を持って意気揚々と社長室から戻ってきた葵は、青天の霹靂に慌てるが、上司からは、お前にできることは「国交省の父親に頼むことだ!」と実力ではなくコネをあてにされる。

サクラは、社内表彰を受けた葵を祝おうと同期を集めるが、葵は上から目線の言動で同期と溝を深めてしまう。

会社では高級官僚の父親のコネばかりあてにされ、家では落ちこぼれ扱いされてきた葵。強烈なコンプレックスを抱いている葵に手を差し伸べたサクラは、葵から「俺と付き合わない?」と迫られて……!?

TOPICS

ランキング

ジャンル