top_line

「HUMAN LOST 人間失格」花澤香菜「どう描いていくのかワクワクしていました」舞台挨拶レポ

アニメ!アニメ!

「HUMAN LOST 人間失格」花澤香菜「どう描いていくのかワクワクしていました」舞台挨拶レポ

劇場アニメ『HUMAN LOST 人間失格』が11月2日、特別招待作品として参加した「第32回東京国際映画祭」にて完成披露上映会舞台挨拶を開催した。
会場には柊美子役・花澤香菜とともに、木埼文智監督とストーリー原案・脚本を手掛けた冲方丁が登壇。太宰治『人間失格』を大胆に再構築した本作の制作過程などを明かしたほか、最新キービジュアルも公開し会場に集まった観客の心を掴んだ。

『HUMAN LOST 人間失格』は、破滅に至った一人の男の生涯を描く太宰治の『人間失格』を、狂気のSF・ダークヒーローアクションへと再構築した劇場アニメ。
『アフロサムライ』の木埼監督のもと、スーパーバイザーを本広克行、脚本を冲方、アニメーション制作をポリゴン・ピクチュアズが担当する作品だ。

拍手に迎えられ始まった舞台挨拶は、まず白い可憐なワンピース姿で登場した花澤が「本日はお越しいただきありがとうございます」と笑顔で挨拶し、木崎監督と冲方もそれに続いて幕を開ける。
花澤は、大学では日本語日本文学科を専攻していたと明かしたうえで、以前より『人間失格』が好きだったことを前置き「“今”関わることができてすごく嬉しかったです。(映画が)どういう風になるのか全く想像つかなかったので、どう描いていくのかワクワクしていました」とコメント。完成を心待ちしていた様子をうかがわせた。

また木埼監督は、「古典文学とSFを融合させることに、興味を惹かれて面白そうだなと思いました」と振り返りつつ、「ただ一筋縄ではいかないなとは思いましたが、冲方さんが参加されると聞いて、“何とかなるかも”と思いました」と笑みを見せる。
一方の冲方は「大変すぎて覚えてないです」と苦笑い。冲方によると、ストーリーを考えるうえでポイントが2か所あったそうで、「まず『人間失格』というタイトルの解釈を人間全体が失格した世界を描くということ、これがSFになったきっかけでした。2つ目は、死がない世界を描くことで、逆に死を浮かび上がらせるというストーリーテリングにしたことです」と、脚本における根幹を披露した。

さらに、太宰治『人間失格』を大胆に再構築した本作について、タイトルからは想像がつかないような“ここがヤバい”という箇所を聞かれると、花澤は「老人たちの怖さ」、木崎監督は「世界観において、外国人から見た日本の“おかしさ”をあえて描いたところ」、冲方は「『AKIRA』のオマージュであるバイクシーン」と三者三様の答えを返す。
最後に、当日初お披露目となった最新キービジュアルがスクリーンに映し出されると、これまでに公開されていたものとは印象が違うデザインに、会場から驚きや詠嘆の声が聞かれた。

『HUMAN LOST 人間失格』完成披露上映会 ※上映後、舞台挨拶
日時:11月2日(土)12: 45~13:15
場所:EXシアター六本木
登壇者:花澤香菜(柊美子役)、木埼文智(監督)、冲方丁(ストーリー原案・脚本)

『HUMAN LOST 人間失格』
11月29日(金)全国公開
(C)2019 HUMAN LOST Project

TOPICS

ランキング

ジャンル